Atelier Arika

「ひとりごと」二〇〇六年・十二月

index
Sun.Mon.Tue.Wed.Thu.Fri.Sat.
1日 2日
3日 4日 5日 6日 7日 8日 9日
10日 11日 12日 13日 14日 15日 16日
17日 18日 19日 20日 21日 22日 23日
24日 25日 26日 27日 28日 29日 30日
31日

月の異名

おとづき(弟月・乙月)、おやこづき(親子月)、かぎりのつき(限月)、くれこつき(暮来月)、 しはす(十二月・師走・師馳・師走月・臘・臘月・臈月・季冬、極寒・除・除月・大呂)、 としつみづき(年積月)、としよつむつき(年代積月)、はるまちつき(春待月)、みふゆつき(三冬月)、むめはつつき(梅初月)


12月1日(Fri.)


12月2日(Sat.)

[本]日経サイエンス

1月号。ちょっと前に発売されていたので話題にするにはちょっと遅いのかもしれないけれど、エッシャーの騙し絵が面白いです。 騙し絵が騙し絵でなくなるところを見て、自分も騙し絵を作れるのではないかと錯覚させられますが、 ちょっと考えるとやはり騙し絵を作るのは難しいと知るのです。

さて。これを某お店の中で見て、見終わってからそのまま置いていました。表紙には有名な騙し絵があったので、 「お、あの騙し絵か」と騙されていました。その絵は騙し絵ではない状態になった騙し絵なのです。
「あー、有名な騙し絵ですね」
私「騙し絵ではなくなっている絵ですよー、普通の遠近法になってます」
「うわ騙された」
みたいなー。

他、超新星爆発やら免疫細胞やら面白いです。月面探査機でっけーとか。 宇宙開発と言えば、人工衛星「ひので」の動きを見ていると、月面探査機も期待して良いのかな。期待しています。 グーグルアースのような地図が作られたら、楽しいかもです。

日経サイエンス社

ちなみに、2月号がでるのは12月25日です。やっぱり変ですよね。

ひので

ひので ホームページにある 「ひので」搭載可視光・磁場望遠鏡の初期成果が面白いです。 特に最後の方にある「黒点周囲のダイナミックな噴出現象」mpegが興味深いです。


12月3日(Sun.)


12月4日(Mon.)


12月5日(Tue.)


12月6日(Wed.)


12月7日(Thu.)

[日記]自転車の安全利用の促進に関する提言

はじめに。私は自動車が好きなので、私の感想は自動車よりのものになります。 また、私は足が弱い上に耳も悪く音の方向が分からないので、歩道ではとても弱い人間になります。

無体な行動を取る個人は、何に乗っても同じような行動を取ります。 だから、特定の乗り物が悪いというのは、あまり当てはまらないとは思います。

「自転車の安全利用の促進に関する提言」があるという記事は読んでいましたが、これに関する感想を見ました。 CDCの日記 2006-12-06 自転車。ここからさらに別箇所へリンクされています。 両方読みました。

両方読んでいろんな考え方、いろんな立場の人がいるなと言うのが一つめの感想で、提言に関しては彼らとは逆に、おおむね賛同しています。 つまり、自転車を車道から追い出したいという立場に賛同しています。

これだけだと語弊がありますので補足します。十把一絡げにしてしまうからいけない。 正しく言えば、「無体な運転をしている自転車」を閉め出したいのです。 私にとって自転車とは下記のような存在です。

自分は違うという人がたくさんいるでしょうけれども、 道は自分のためにあるといわんがばかりに自動車も歩行者も無視して縦横無尽に駆け抜けるのが自転車。 アラジンさんの言い回しを借りれば「自転車がいつどう動くのか分からないので危ないことこの上ない」。 周りが自転車の行動を逐一観察しなければならない。こんな存在を車道に置いていたら危険です。 ってゆーかー。歩道にいても危険ですよ。いちゃいけない。

反対のことも書かないとバランスが悪いですね。 バイクでも自転車でも自動車でも、大通りに出ればマナーの良い人が大半です。 自転車のマナーで言えば、自転車が好きな人ほど、マナーも良いように見受けられます。 車やバイクも同様です。乗り物に対して考えのない人が、それぞれの評価を下げているのだと思います。 自転車に対して厳しい目を向けられるのは、人数が多いからでしょうね。 悪いところが目立ってしまうのです。

高千穂さんの日記には自動車側の対応についていろいろ書いてあるけれど、今以上は要らないと思います。 マナー云々の話では自動車も自転車もさほど差はありません。マナー向上を啓発していきましょう。 さて、無体な運転をしている自動車には罰則がありますし、実際受けている人もいるでしょうけれど、 無体な運転をしている自転車に対してはどうか。法整備に関しては自転車に甘すぎます。

正解だと思えるのは、自転車用のレーンを設けることと、自転車も免許制にすること。 そうしたら少なくともバイクに乗っている人たちのレベルのマナーは期待できるのではないかな。 けれどそうではないどころかもっとひどい、 今定められているルールすら全く守られていない現状では、自転車という存在が危険です。だから、まずは追い出したい。 今は追い出しうる好機と言えます。

・・・。単にルールの通りに取り締まればよいだけじゃないかなぁと思わなくもないけれど。

愚痴

左側優先という話が出ていますが、おかしい。 自転車でもバイクでも自動車でも前走車が優先です。唯一の例外は「追い越しをかけられるとき」で、 それ以外は意思表示している前走車の動きを妨げてはいけない。 左ウィンカー上げてる車の左側に付いたりとか、右ウィンカー上げてる車の右側から追い越したりとか、 そういう訳わかんない行動を頻繁に取るのは「自転車」だけです。 後ろに自転車がいたら行動が信用できない。そのままつっこんで来るかもしれないと考えるから、 超低速でおそるおそる曲がるしかない。結果交通がスムーズに流れない。

これらのことも先に述べたとおり、無体な行動を取る個人は何に乗っても同じ行動を取るのだから、 絶対数の多い自転車に多く見受けられてしまうのでしょうね。


12月8日(Fri.)

[日記]他の視点

自転車云々の話でふと思ったのが、トラックなどもっと大きな乗り物から見たらどうだろうかというもの。

片側二車線で左側を走行していた大型車が、左にウィンカーを上げて右車線に入ってきたとき、後続車はどうするか。 その大型車がトレーラーだったりすると、完全に右車線に移動していることもあります。 そのまま左に曲がるから、後続車は止まっておくのが正解。だけれど、 空いた隙間をすり抜ける「普通車」やら「バイク」やらいますよね・・。 自転車は最初から自分の行く先しか見ちゃいないから車道での出来事は知らないだろうし。

きっとさ。「巻き込み」しないように、左側やちょっと後ろは気を付けるけれど、 遙か後方からすごい勢いで突っ込んでくる存在なんて知ったこっちゃ無いって言いたいだろうね。

大型車から見たら、普通自動車もバイクも自転車も「どう動くか分からないから信用できない存在」なのかも。 大型車が左折で狭い道にはいるとき、曲がる手前でハザードたいて、「誰もいなくなるのを待って」いたりします。 ちょっとかわいそうです。

あれだ、法整備でまずは普通乗用車を車道から追いだして(待て待て待て)。

・・・。結論は昨日と同じなんだ。単にルールの通りに取り締まればよいだけじゃないかなぁと思わなくもない。


12月9日(Sat.)

[日記]取り締まって欲しいけれども・・

先日の「(待て待て待て)」は、今おそらく自転車好きな人たちが感じていることだと思うので、普通自動車に置き換えて考えてみたもの。

けれども特に自転車に対して今まで世間に形成されたコンセンサスと、たくさんの違反者に対して、駐在などに配置された一人二人の警察官に何が出来よう。 (看過するというわけではなく、対処量が変化すると言うこと。ほぼ全ての人は「常に100%で物事に当たる」なんて出来ない)。 自転車を止めて、しかる。そんなことは私たち一般の人でやればよいのです。 取り締まって欲しいからには、そのための管理ツールが必要です。

今は警察が自転車の運転違反者の身元を確認するだけで一苦労です。 スピード違反みたいに「免許証拝見できますかー」から始められない。やはり免許制ですよ。 身分証明を含めていけば、自動車同様の取り締まりも出来るようになるでしょう。

免許制にするのはいろいろ権益を生み出せそうだから、「車道から追い出して歩道へ」の対案として出せば、 結構な深さで検討されるのではないかな。

[日記]免許制の詳細を適当に考えてみる

まずは現状に対する私の要望を盛り込んでみましょう。

車道を走る者はスクーターを運転する人と同じレベルのルールを学んで欲しい。 最低限、自らがどのように振る舞うべきかを学ぶこと (出来れば身を守るために、走る凶器であるところの他車両の挙動と意思表示の方法、運動性能の限界などを知って欲しい)。 試験の結果一定以上の成績を治めた者に免許を交付し、免許を持つものだけが車道を通行するようにして欲しい。

友達の家へ遊びに行く子供と、大型トレーラーが、同じフィールドにいることに何もメリットを感じません。 人 車両。リスクをゼロには出来ませんから、程度に応じて分散させましょう。 大型車は、走れる道に制限を課されています。自転車にも制限を課すことで、棲み分け出来るんじゃないかな。 例えば、歩道や歩道のない道は、今までの慣習と同じでよいでしょう。免許も要らないと思います。 無論、歩道には歩行者保護のために厳しい制限速度が設けられることが望ましいです。 念頭にあるのは「子供」や「老人」、「買い物する人」など、ゆっくり移動する自転車です。 そうした存在は歩行者とさほど差はなく、故に免許も要らないと思います。

2005年9月18日の日記、気をつけて! で示すとおり、自転車に対するルール・罰則はそれほど多くありません(全てじゃないけれど、主要なもの)。

車道走行には免許が必要とし、違反を取り締まるんです。免許停止や免許取り上げも含めて、ちゃんと取り締まりを。 免許を持たないものは車道に入れないようにすることで、今までよりリスクが低減すると思うのです。 免許証が有れば、取り締まりもやりやすいでしょうし。

[日記]今日遭遇した二つの事例

反省を込めて。

自動車

昨日の帰り道、国道127号が渋滞していました。私は信号のある交差点から国道にはいろうとしていました。 信号が青になったので、さあ行こうと思ったらば。片側二車線の奥の車線になぜか車がいる。・・・。 信号の先が渋滞しているとき、車は交差点に進入してはいけませんよ。

で、手前側の車線後続車に付いたわけですけれど。私の後ろの車も、私の左後ろ斜めについています。 良くある風景ですね。驚いたのはさらにその後ろの車。なんと私の右側に斜めについています。

信号が変わりました。私の右側についた車は、私の前に無理矢理割り込んできました。 かなりむかつきました。ぷんぷん。

自転車

渋滞があまりにもひどいので、途中で裏道に入りました。踏切を渡って旧道を走ろうと思ったのです。

踏切で左右確認している内に警報が鳴り始めました。待ちます。遮断機が下りる前に自転車が通り抜けました。 チャレンジャーですね。

さて、電車が通り過ぎて遮断機が上がると、なぜか前には自転車が二台。また右側通行かと辟易しつつ、 少し真ん中寄りで踏切を渡り始めます。と、自転車のうち一台が踏切の中で斜め横断です。 私も、対面している車も、踏切の中で止まらざるを得ません。 自動車のドライバーはね、踏切の中で止まってはいけないと教えられているのですよ。 私はオートマ車乗っているけれど、マニュアル車の場合は変速もするなと教えられているのですよ。エンストしないようにね。 つまり、止まらなければならないような可能性を、出来るかぎり排除しているのです。 なんだかなと思いつつ踏切を抜けなければならないので、アクセルに足を載せたとき。もう一台の自転車も斜め横断です。 私も、対面している車も、踏切の中で止まらざるを得ません。

死んでしまえ!私の関係ないところで死んでしまえ!

なんてね。何も言わずに踏み切り渡りました。内心かなりむかつきましたが。 あれだ、私は窓を開けて怒鳴らなければならなかったのです。けれど、 私の乗っている車では「粋がってる兄ちゃんがなにか怒鳴っているよ」ぐいらいにしかとってもらえないんだろうな。

つまり

乗り物じゃなくて乗り手、人なんですよ結局は。自動車はナンバーを控えて通報できる(無謀運転する方にもそうしたリスクがある)けれど、 自転車はその手のリスクがない。自転車にもナンバーつけようか、バイクと同じように(いえ、邪魔です、やめましょう)。

蛇足

「免許証拝見できますか」の第一変換候補が「免許証は意見できますか」となっていました。なかなか哲学的な問いです(笑)。


12月10日(Sun.)

昨日のひとりごとを読み返してみたら、感情のまま書いている感じがして嫌だった。いつも感情のまま書いているけれど、 そういうことじゃなくて。なんだか嫌な感情がでているような気がしました。 他にも不快な思いをした人がいるかもしれない。もしそうだったらごめんなさい。

[DVD]峠・最強伝説

ホットパージョンVol.84です。王者決定トーナメントと言うことで、その辺はいつも通りです。

今回面白いなと思ったのは「タイヤバトル」です。「アジアンブランドの猛威」と副題が振られています。 HANKANG NS2(台湾)/FEDERAL595RS(台湾)/HANKOOK VENTUS V8 RS(韓国)/NEXEN N3000(韓国)/WANLI S-1088(中国)。 それと、RE01R。エビスサーキット東コースで、走り比べています。

[本]いろいろ

で、まぁいつも通り感情のまま書くわけですが。

「パラケルススの娘5 騎士団の使者」

新章突入です。遼太郎がなんだか格好良くなっています。ぐっじょぶです。 ところで。表題の魔術師達は器と人格のドミノが起きていたのでしょうか。けれども、人数が対応しません。他にも要素があるのかな。

「パラケルススの娘 5 騎士団の使者」
オンライン書店ビーケーワン:パラケルススの娘 5 騎士団の使者
(メディアファクトリー)
五代 ゆう 著
→(bk1)

「鳥籠荘の今日も眠たい住人たち・1」

心沸き踊る冒険活劇とは対極にある物語です。真綿で締め付けられるかのような、だるーい圧迫感が押し寄せてくる感じ。 それでいて最後はちょっと切ないなぁとか思ったりしました。で、まる1と有ります。2もでるようです。楽しみです。

「鳥籠荘の今日も眠たい住人たち 1」
オンライン書店ビーケーワン:鳥籠荘の今日も眠たい住人たち 1
(メディアワークス)
壁井 ユカコ 著
→(bk1)

「蒼闇の刻 偽りの終焉」

うん。良い(笑)。カティアがちょっと暴走して、我に気づいて、そのまま倒れちゃうところとか。良いです。 カティアがあの手の暴走をするのが意外でした。面白いです。

話としては、蒼闇について大分語られてきました。さて、これからどうなるのでしょう。楽しみです。

そうそう、巻末の四コマ漫画も面白いです(笑)。

「蒼闇の刻 偽りの終焉」
オンライン書店ビーケーワン:蒼闇の刻 偽りの終焉
(集英社)
足塚 鰯 著
→(bk1)

「歌姫―ロジエル― 光と闇の指輪」

今回は短編です。コバルト本誌に載っているお話が複数有ったので、その辺は二回目になるので素早く読んじゃいましたです。 今回もユリアはちょっと暴走します。けれど今回の暴走はちょっと・・禁歌にはなっていないのかなぁ・・。 世界設定に揺らぎが起きているのかしらん。

スイがユリアの前では子供ぶっているお姉ちゃんなのか、 それともスイを時折子供扱いするけれどもユリアが実際の所子供なのか、 いまいちはっきり読み取れません。どうなんだろう。 ユリアを、子供っぽいけれど無視できない特別な存在として描くなら、 もうちょっとこう・・・まぁいいか。最初のシリーズだしこれからこれから。

「アルティナスの迷宮」

聖獣王の花嫁の三冊目です。

一冊目で「あ、挿絵がCGっぽい」、二冊目で「CG病だぁ」と思いきや、三冊目では違和感がありません。 さすが、プロは違います・・・。

なんてイラストの話ではなく物語はどうかといえば、レヴィ・ローズを彷彿とさせる話運び。 ・・この種の展開が私は好きなのかもしれん。前巻でエルドーラを持つ王候補が二人になってしまったので、 今回のお話ではどちらが王にふさわしいかを計るために「試練」を与えます。重臣たち、強いですねー。

ところで権力を知らない人間と、権力に縛られる人間。 正義感とか既存の物差しとか。レヴィ・ローズの頃からのテーマなのでしょうか。

「アルティナスの迷宮」
オンライン書店ビーケーワン:アルティナスの迷宮
(集英社)
高遠 砂夜 著
→(bk1)

「あしたびより・2」

続編にして完結編と有りますけれども終わりなんですかもったいない。魔術の描写とか友人二人の掛け合い漫才とか、 主人公の行動指針とか、面白いのにー。

今回は「身障者」と「宗教観念」について考えさせられました。常に思うことの一つではあるけれど、 こうまともに描かれるとどうしても再考してしまいます。

「あしたびより 2」
オンライン書店ビーケーワン:あしたびより 2
(ホビージャパン)
雨森 麻杜 著
→(bk1)

「GOSICK VI -ゴシック・仮面舞踏会の夜-」

お話は、修道院「ベルゼブブの頭蓋」からソヴレムに戻る汽車の中での出来事です。

さて。ミステリーですが、私は謎解きは苦手です。けれど、今回はおおむね分かりましたですよ。150ページ目あたりで・・・。 遅いですか。遅いですね。だから謎解きは苦手なんですってば。

ところで九条のヴィクトリカに対する行動は、無意識なのでしょうか。無意識?本当に? この二人、ずいぶん距離が短くなったように思います。読者の多くは、ヴィクトリカの「声」を無視しているものと想像いたしますですよ。 解説の章に移ってからの挿絵がトランプの「絵札」のようで面白いです。

「GOSICK VI -ゴシック・仮面舞踏会の夜-」
オンライン書店ビーケーワン:GOSICK VI -ゴシック・仮面舞踏会の夜-
(富士見書房)
桜庭 一樹 著
→(bk1)

「れじみる。」

電撃hp本誌に掲載された「レジンキャストミルク フラグメント」の文庫化だそうです。 なのでおおむね二回目なので素早く読めましたですよ。本編とは違って、シリアスな場面が無いどたばたコメディです。 途中に入る漫画も面白いです。デフォルメキャラがよい感じです。

オープニングとエンディング、「夏祭りセンチメンタル」が書き下ろしです。 「夏祭り〜」はコメディというよりも、表題の通りちょっとセンチメンタルな感じ。コメディもあるけれども。

「れじみる。」
オンライン書店ビーケーワン:れじみる。
(メディアワークス)
藤原 祐 著
→(bk1)


12月11日(Mon.)


12月12日(Tue.)

[日記]欲しいインターフェース

アナログ入力をあと二つ。

って、わけわかんないですね。タブレット画面を操作していて思ったのです。 左手がリニアに動いていないなぁと。ショートカット操作のためにキーボードの上に置いていますが、 もっとこう、スムーズに操作したい。

そこでっ!タブレット画面の左側(左利きの人は右側かもしれない)に、 ダイヤルのようなアナログ入力が二つあれば可能性が広がるなぁと考えた次第。 二つって言うのは、親指とそれ以外ぐらいは同時に操れるだろうし、有れば便利だなと思うので。 PLGとカウンタみたいに、カウント発生と読み取りが出来れば何でも良いのだけれど。 キーコードを設定してそれを投げるという考えもとりあえずはありかもしれないけれど、 何かの操作をしながら別の操作をするって考えると、キーボードメッセージを使うのは思いもかけない結果をもたらすかもしれないから危険かな。 やっぱり、筆圧感知のようにそれ向けに対応されるのが望ましいです。

用法

使い方としては、そうですねー。すぐに思い浮かぶのは拡大縮小。 ショートカット操作では[ctrl]+[+]/[-]に相当します。 アドビ製品のように、編集領域にカーソルがあるときはそこを中心に。無いときは編集領域中央を中心に拡大縮小できたら便利そうです。 カーソルが編集領域から外れないことがこの上ないメリットとなります(視線を外さない。集中を妨げない)。

あとはカーソルサイズのリニアな変更かなぁ。 ペンのモードによっては右クリックで変更できたりするけれど、そうした操作無しでリニアに変更できたら便利だよねー。 拡大縮小で上記の動作をするならば、スクロールの必要性は下がるんだよね。私が今そういう操作になっているだけかもだけれど (縮小して、拡大したいところにカーソル移動して拡大とか。プレビューウィンドウでドラッグしてスクロールとか)。 それでも、右手の動きとは無関係にスクロールできるならば、それはそれで便利か。まっすぐな線を引きたいときとか。 あ、そうすると二つのアナログじゃ足りないかも。

そうしたら筆圧感知は濃度だけに集中できますしー。

用途

Photoshopで対応されたら便利だろうなぁと思った。あと、三次元における操作が必要になったときにも、 遠近操作などで便利そう。ビデオ編集する人は・・・いるのかな。再生速度とか同時に操作できたりするようになるかな。

ここで私の夢想は、再び三次元プログラムに向かってゆくのだけれど、書くのは飽きました。想像するだけにしておきます。


12月13日(Wed.)

[日記]ありかの掲示板

もうそろそろスパムも来なくなったかなぁと思って、日本甘党総本部本家本元本舗連絡所兼ありかの掲示板のパスワードを外しました。

はてさて。

[日記]PLC

最近話題になっているようなのですが、電源線を通信媒体として使うという技術、PLC。私としてはこの呼称が紛らわしくて煩わしいです。

私が仕事で扱うのはPLCなのですが、今述べたPLCではなくて ファクトリーオートメーション向けのコンピュータを、PLCやシーケンサーと呼んでいます。 過去、これらはPC(ProgrammableController/PlantController)と呼ばれていました。 パーソナルコンピュータの台頭と共に、PLC(ProgrammableLogicController/ProgrammableLogicalController)と変わっていったのですが、 今度はどのように変化するのでしょう(浸透の早さから言って、PLCが電力線を通信媒体として使う技術の略称として定着してしまうのではないかと思っています)

ってーかさ、後から技術の略称考える人は、検索でも何でもして、 その言葉を一般名詞として使用している人のことを考えて欲しいです。 まぁ。技術が通信の場合、先行技術用語に重ならない略称ってのは無理かなぁと思わなくもない。 今、通信が関係しない業界というのは少ないだろうし。

それにしても「電機業界」と「電力通信」は近かろう。考慮してくれても良いのになぁと思う(まだ言ってる:笑)。

WikipediaでPLCを調べると・・沢山ありますね。


12月14日(Thu.)

[日記]メールが来ていました

先輩から「とあるニュースの記事」という件名のメールが来ていました。内容は下記の通りです。なお、私は天秤座です。

件名「とあるニュースの記事」





あなたはワースト1です。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0612/14/news027.html

ぅくっ・・・。な、なにをっ!

[日記]タイピング

最近、後輩から教えてもらった「タイピング練習ソフト」で遊んでいます。
http://www.higopage.com/ozawa-ken/です。

で、だ。

会社では「東プレ Realforce 106UB」という、キータッチの軽いキーボードを使用しています。 寮では、「Microsoft Natural Keyboard Pro」という、うねった感じのキーボードを使用しています。 どちらが速く入力できるものなのか、試すことになるかなぁと思って、 会社と寮、両方で遊んでみました。一昨日まではこんな結果でした。遊んでいるのは「格闘ゲーム」の「5」です。

「寮:NaturalKeyboard」
成績平均 A
最高レベル S++
「会社:Realforce」
成績平均 B+++
最高レベル A++++

そんなわけで、やるじゃん初代NaturalKeyboardとか思っていたわけですよ。 Realforceはキータッチが軽くて、長時間使っていても疲れないのがよい感じだったのですけれど、 やっぱ人間工学に基づいた「形」にはかなわないのかとかなぁなんて結論づけようと思っていたりしました。が。

昨日今日と、会社でも良い感じの成績が出せてしまって。。。

「会社:Realforce」
成績平均 A+
最高レベル S+++
最高レベルでNaturalKeyboardを超えてるし・・。

と、いうわけで、単にゲームに慣れただけのようです。出題される文字列によっても成績が左右されますしね。

上級者向けに「板割りゲーム」があるとのことなので挑戦してみたのですが、全く駄目でした。 数字が出てくると弱いです。うむぅ。

「瓦割りゲーム」というのもあるようなので、そちらで練習した方がよいのかもしれません。 そんなわけで、今、はまってます。


12月15日(Fri.)


12月16日(Sat.)


12月17日(Sun.)


12月18日(Mon.)

[日記]五つ

タイピングの。今のところ最高でS+++++。ランクはどこまであるのだろう。

ただ、自分の限界に達しているがために最高点を更新することが減り、 タイプミスする自分に腹を立てるようになってきたので、 ゲームとして楽しむのは潮時かもしれません(笑)。

[日記]欲しいかもしれないインターフェース

こんなものを見つけました。FOCAL POINT COMPUTERって会社の製品です。リンクはJustMyShopの商品紹介につながっています。

USBマルチメディア入力デバイス PowerMate
iconicon
USBマルチメディア入力デバイス Black PowerMate
iconicon

とりあえず黒い方を一つ買ってみました(到着待ち)。

FOCAL POINT COMPUTER は、音楽関係に強いようです。iPod関連商品や、他、こんな製品も出しているようです。リンクはFOCAL POINT COMPUTERの商品紹介につながっています。

ShuttleXpress
こっちの方が目的に合っていたかもしれません・・。
Shuttle Pro2
これはボタンが私にとっては多すぎるかもー。

12月19日(Tue.)


12月20日(Wed.)

[日記]いろいろ届きました

いろいろ届きました。

POWER MATE
USB接続マルチメディアコントローラ。とてもスムーズに回ります。すーすーっていう感じ。・・・。 もうちょっと、カチカチッというか、くっくっと抵抗のある回り方を想像していました。 押したときに回ってしまいそうです。 アプリケーション毎にいろいろ設定できるようなので、Photoshopの時には反応を鈍くしようと思います。
Ys ORIGIN
イース・オリジン。日本ファルコムの出したゲーム新作です。 今回は「アドル=クリスティン」ではありません。初代Ysよりはるか昔のお話です。 マニュアルを見た感じでは、面白そうです。「スキル」という考え方は「ナピシュテム」や「フェルガナ」と同じかな。 「女神の加護」はあまり好きになれないかもしれない。ゲーム進行とは関係のないところで悩むから。 成長ゲームが好きな人は楽しめるのかな。もしかしたら今までの「武器」のように、 悩むまでもない可能性もあるけれど。 そうでないなら、必要になってから使うことにしようかな。 それはともかく、パッケージが小さくなりました。けれども相変わらず無駄が多いです。
DH-ONE/U2
USB接続のワンセグチューナーだそうです。頼まれものです。どうして私に頼むのか聞いたら、
「今、手に入りにくいそうだから」
だそうです(涙)。確かに、入手に手間取りました。 今現在は、同業他社から同系統の製品がリリースされるという情報が流れ、 手に入りにくいわけではなくなりつつあるようです。

12月21日(Thu.)


12月22日(Fri.)


12月23日(Sat.)


12月24日(Sun.)


12月25日(Mon.)


12月26日(Tue.)

[日記]生きています

風邪なのか風邪気味なのかはともかく生きています。忙しいです。

22日、Ozawa-KenはS+7とかいうレベル表示になりました。数字が出るようです。

23日、熱で延ばす工場で予想外の深夜残業(徹夜扱い)。24日はちょっとYsO。25日は1カップルで想定外の深夜残業(徹夜扱い)。 26日は資料作りに勤しんで、明日は3ガルの現場調査&会社の大掃除です。


12月27日(Wed.)


12月28日(Thu.)


12月29日(Fri.)

[日記]風邪

だんだん調子が悪くなってきたので、昨日(28日)は休みました。おおむね回復しましたですよ。 どこか一日ゆっくり出来るタイミングがあれば良かったようです。 で、今日。そのまま年末年始の休暇に突入です。本調子に戻すために今日もほぼ眠っていたのだけれど、 夕方になってからキッズに行きました。

[日記]電話

最近、急激に調子が悪くなっています。自室にいるときに、外部から届かないようなのです。 画面で見る限り、アンテナ状態は良さそうなんですけれどもね・・・。

内部のメモリをシェイプアップしてみました。&受信時に記録するエリアを本体メモリにしてみました (以前はSDカードだった)。

[日記]年賀状

白状します。作っていません。タイミングを逸しました。年末の休み(土日)をつぶすもんじゃないです、と、 外的要因のせいにしてみます。想定していなかったししょうがないのかもです。

最近、プライベートで絵を描くとか写真を加工するとかプログラムを作るとか、 そういう集中を要することはやっていません。おおむね寝ていたから、 だらだら出来ることをしています。DVD見るとか、読みやすい本を読むとか、ゲームするとか。そんなの。

そんなわけで年賀状を書いていないのです。年始用の絵は描きたいので描こう。 明後日(明日は遊ぶ)。


12月30日(Sat.)

[日記]遊んだ

一月に赤インプレッサがサーキットデビューしたと思っていたのに((ミニ)サーキット初体験)、 年の終わりには白インプレッササーキットデビューです。茂原ツインサーキット。私はまだまだ初心者速度です。

今回は1ヒート9分で6ヒートもありました。私は5ヒート目でスピンしたので、そこで切り上げました。 きっと、疲れています。6ヒート目は一緒に行った人の走りを見ていました。

今回、ビデオは無しです(自分の分を撮っていない)。まだまだ初心者速度だけれど、一応年始めよりは早くなっていたようです。

[日記]忘年会

私には口が裂けても言えないような話題がぽんぽんでていました。


12月31日(Sun.)

[日記]休んだ

かなり眠っていました。疲れていたようです。年始用の絵も描いていません(苦笑)。


e-mail 惟栂舞ありか(arika@awa.or.jp)