ひとりごと:アーカイブ

Windows7でPostScriptファイルを作成する環境の構築・2

メモ。PostScriptファイルが欲しいだけでAdobeにこだわる必要が無いなら、MSのユニドライバなど、とにかくPostScript対応プリンタのドライバを入れてファイルに出力するを選択するか、ドライバインストール時に出力ポートにFILEを選択しておく(Adobeがいいなら昨日の手順で)。

  1. 「デバイスとプリンター」でプリンターを追加する
  2. ローカルプリンターとしてポートにFILE:を選択
  3. 今回はPostScriptプリンターとしてMS Publisher Color Printerを選択

とあるオンラインPDF変換サービスだと、対応ファイル以外はAdobe DistillerでPostScriptファイルつくって変換しろと言われるけれども、PostScriptファイルが欲しいだけでAdobeにこだわる必要が無くともフリーでPostScript作りたいこともあったりするのです。

今回は今風の入れ方になります。以下、詳細。

1. MS Publisher Color Printer をインストール

  1. スタートボタンから「デバイスとプリンター」を開く
    • スタートからデバイスとプリンターを選択
  2. 「プリンターの追加」を開く
    • 上部メニューから「プリンターの追加」を選択
  3. インストールするプリンターの種類の選択
    • 「ローカルプリンターを追加します」を選択
  4. プリンターポートの選択
    • ラジオボタン「既存のポートを使用」を選択
    • ドロップダウンリストから「FILE:(ファイルへ出力)」を選択。
  5. プリンタードライバーのインストール
    (パソコンによっては少し待つ)
    • 製造元リストから「Generic」を選択
    • プリンターリストから「MS Publisher Color Printer」を選択
    • ボタン「次へ」を押す
  6. プリンター名を入力してください
    • テキストボックスに「MS Publisher Color Printer」とあるので嫌なら編集。
      私はものぐさなのでそのまま。
    • ボタン「次へ」を押す
  7. プリンター共有
    • 共有しないなら
      ラジオボタン「このプリンターを共有しない」を選択
      共有するならそれなりに。
    • ボタン「次へ」を押す
  8. ~~正しく追加されました
    • 通常使うプリンターに設定するなら、
      チェックボックス「通常使うプリンターに設定する」にチェック。
      私はチェックを外しています。
    • ボタン「完了」を押す。

2. MS Publisher Color Printer を使う

アプリケーションから印刷を行う。

  1. プリンタを選択
    使用したいアプリケーションの機能でプリンタ MS Publisher Color Printer を選択。
  2. 印字開始
    保存先を求められるのでフルパスでファイル名まで入力する。
    出力用のフォルダを決めておくと楽です。
  3. 指定したフルパスにPostScriptファイルができる。

昨日より優しくなりました。明日は多分、もっと優しくなります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://arika.stbbs.net/blogmt/mt-tb.cgi/699

コメントする

このブログ記事について

このページは、惟栂舞ありかが2014年2月28日 20:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Windows7でPostScriptファイルを作成する環境の構築」です。

次のブログ記事は「印刷でファイルに出力」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ