ひとりごと:アーカイブ

どうしても自分用

USTREAM

USTREAMというサービスがあります。映像配信です。が、発信元は個人が多々というもの。私自身、PCでお絵かきしている様子を配信したりしています。たまに。忘れた頃に。細々と。類似サービスにStickamというのがあって、こちらの方が使う回数は多いです。画。最近よく通信が途切れます。

さて、USTREAM。配信している人と見ている人が情報交換できる「チャット」が二種類。ソーシャルだかなんだかという名前をつけられた実質Twitterのものと、普段「チャット」と呼んでいるIRCベースのものと。私はIRC側のチャットを好んで使っています。Twitterによるチャットは、それを見ていない人にはただただ苦痛のTLになってしまうので、私の配信では無効化してタブも表示されないようにしていますが、ここはまぁ配信する人の好みとか重要度(広告兼ねているかとか)にもよるのでしょう。

ucsr

お絵かき配信やゲーム配信をしていると、チャットをこまめに見るのが難しいときがあります。チャットを音声読み上げさせることで、これを解決。自作ソフトuscrはUSTREAMのチャットを棒読みちゃん(Fight Not Found.みちあき氏)につなぐものとして作り、いつのまにやらチャットクライアントになってました。もともとが自分配信用でしたけれど、少なからずほしい人がいるということで公開。

しばらくして、いわれて気づいたことがひとつ。

「チャット履歴のコピーってできないんですか?」

チャットに流れた過去の発言から、文字列をコピーしたいと。そのときは「Ctrl+Cです」と伝えました。チャットログにはRichEditコンポーネントを使用していて、これはWindows標準のコンポーネント。なので、よく行われる操作(コピーしたい範囲をマウスでドラッグしてCtrl+Cでコピー)でコピーできるのです。そして気づいたことというのは、これはキーボード慣れしている人の操作なのだということ...。ドラッグして、コンテキストメニュー(右クリックして表示されるメニュー)からコピーとか、そういう手段を一緒に作っておかないといけなかったなぁと。そんなわけでバージョンアップしました。

ちなみに、チャットの入力欄ではコマンドテンプレート機能をコンテキストメニューで作ってました。コンテキストメニューはキーボード操作(Shift+F10とかWindows対応キーボードならメニューボタンとか)でも表示できますし、入力欄は上下キーで履歴から文字列を行単位でもってこれるようにしてあって、そこから範囲指定してコピーできます。つまり、キーボード慣れから、マウス操作の必要性を感じなかったんだろうなぁ。思い巡らせることすらしなかったというか。

そういえば、ボタンも極端に少ないかもしれません。ツールボタンないし。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://arika.stbbs.net/blogmt/mt-tb.cgi/332

コメントする

このブログ記事について

このページは、惟栂舞ありかが2011年5月 1日 08:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ホイール新調」です。

次のブログ記事は「ブログサービスの移行」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ