ひとりごと:アーカイブ

絵についてあれこれから

りすきー☆さんのコメントに感心

ものを創る人の中には「できるだけ多くの人に見てもらいたい、聞いてもらいたい」と思う人が驚くほど多い。

俺から見れば君だって十分にそういう部類。

わざわざそういう場所に絵や音楽を公開しているもの。

なるほど確かにその通りです。「ほらほらぁこんなんできたんだよぉ」というのをそのまま続けていると…。楽しんでいます☆

…えぇと、さて!

最近pixivやお絵かきチャットの絡みで知り合いが増え、ランキングの話題も増えていきました。私はそこにこだわりがなかったので、彼らと私の差は何だろうと考えた、つまり自分はそうではないのだろうと錯覚したわけです。けれどりすきー☆さんのコメントを読んで、彼らも私も「人に見て欲しい」ところは同じで、ただ思いの強さに差があるだけなんだなぁと認識しました。

りすきー☆さんのコメントを見る前の「私自身の思考進行」が興味深い。錯覚(彼らと私は違うような気がする)をそのまま進めると「流派」が生まれるのかな。これはこれで思考遊びの材料になりそうです。

以下、別話題の駄文。

  • 過去は草の根通信(今なら電子掲示板か)があると思えばどきどきしつつも書き込んで。そのうち慣れて当たり前になり。
  • プログラム投稿できるとなればどきどきしつつも作って公開して。そのうち慣れて。
  • インターネットでウェブページが公開できるとなればどきどきしつつもページ作って。そのうち慣れて当たり前になり。
  • インターネットで会話できる(リレーチャット)となればどきどきしつつも参加して。そのうち慣れて。飽きて(こら)。
  • 絵を公開して扱えるとなればどきどきしつつもポスターなんぞつくって公開して。そのうち慣れて。疲れて(ぉぃ)
  • 絵の掲示板があるとなればどきどきしつつもお絵かきの様子まで公開して。そのうち慣れて。
  • ブログなるものが一般的になっているとなれば日記を乗り換え公開して。そのうち慣れて当たり前になり。
  • 動画や歌を投稿できるとなればどきどきしつつもボーカロイドに詩など歌わせて公開して。そのうち慣れて。
  • 絵でチャットできるとなればどきどきしつつも参加して。そのうち慣れて当たり前になり。
  • 絵を中心としたSNSがあるとなればどきどきしつつも絵を投稿公開して。そのうち慣れて当たり前になり。

お金になるわけでもない。ただ楽しい。もしくは功名心?「見て欲しい」「多くの人に見て欲しい」とかまでは共通項かも。

「なんであの絵より閲覧(または点数)が少ないんだ!(プライド?)」とかになるとちょっと違うかな。

技術的な興味と、コミュニケーションの道具と、自分自身の表現と。はたしてどの割合が強いのか。まぁどれでもかまわないわけですが。どきどきわくわくしっぱなし。楽しいじゃぁないですか。

…妬み僻みに遭わない(または、ならない)間は。そういうのに合うと、ただひたすら辛いような気がします。遭わないことを祈りつつ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://arika.stbbs.net/blogmt/mt-tb.cgi/417

コメントする

このブログ記事について

このページは、惟栂舞ありかが2008年12月12日 22:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「絵についてあれこれ」です。

次のブログ記事は「TV電話とかWebチャットとかに」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ