ひとりごと:アーカイブ

左シフト不調はガイドが外れていたため

当初からのキー不調

部屋で使っているパソコンでは、マイクロソフトのナチュラルキーボードプロを使っています。買った当初から、左シフトの動きが押す角度によっては渋いことがありました。が、まぁ押す角度の問題だし真上から押している分には問題無さそうだしと、気をつけて使うようにしていました。

さて。東方で遊ぶようになって、紅魔郷、妖々夢とクリアして、今は永夜抄を遊んでいます。で、私の遊び方だと永夜抄は左シフトを頻繁に使うのです。高速・低速のキャラクターが入れ替わります。時を集めるときに重要になってきたり、ボス直近で動くときに切り替えたりします。…動きが渋くなる瞬間がとってもとってもきになります。死ぬし。

分解。清掃。修理。そして快適な感じに

で、我慢できなくなって。買おうと思って。その前に分解してみようと思って分解。そしたら、左シフトの金具が外れているのが見えました。

よくよくみると、キーによって仕組みが違うようです。基盤は大きく、左手、右手、テンキーとに分かれていて、さらに全てのキーは独立したユニットになっていて、中でも左シフト、テンキーのゼロ、テンキーのエンターには補助金具が付いていて、力のかかる方向を制御しているように見えます。スペースバーはカバー側にメカニカルなからくりがあって、基盤側はラバーみたいな合わせ技。あまり良く見ていないので他のキーにも何かあるかもしれません。

とりあえず、外れている金具をはめ込み、ブローイングして組み立て直してみました。

……超快適。

どんな角度で押し込んでも、ストレス無くキーが沈んでくれる。おぉ、普通だ。めっちゃ普通だ。普通に使える。素晴らしい。

分解するために、ねじ穴の関係でキーボード背面のシールに穴を開けてしまいましたが、まぁいいや。もう。快適だし。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://arika.stbbs.net/blogmt/mt-tb.cgi/430

コメントする

このブログ記事について

このページは、惟栂舞ありかが2008年10月30日 21:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「引っ越し終わりました」です。

次のブログ記事は「金具が外れやすい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ