ひとりごと:アーカイブ

AutoCAD2007LTと.NET Framework 2 と再インストールと

とある日、AutoCADが立ち上がらなくなりました。そんなわけで作業開始です。

試しに起動してみると、起動しきってさて作業をと思う頃に「フェイタルエラー」なるものが出てきます。Fatal Errorかな。そういえば、いろいろな単語をついローマ字読みor似非英(米)語読みしてしまうけれど、実際これはなんと発音するのでしょう。プログラム関連で英単語(とおぼしきもの)が出てきても、読みはあまり気にしないなぁ・・。単語丸ごとを漢字のように認識しているのかもしれない。

AutoCADの再インストールを試してみる

それはともかく確かに起動しない。いくつか動作を試した後、プログラムの追加と削除から「修復」を試みるも現象変わらず。同じくプログラムの追加と削除から「再インストール」を試みるも現象変わらず。使用者の話を聞いているとWindowsUpdate「.NET Framework」が起動したので、つい急いでキャンセルを押してしまったとのこと・・・・・。あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ。気持ちはわかるのですが、インストール関連で始まった処理を止めるのは危険なこと・・。

なお、AutoCADを再インストールすると、PCに登録しているシリアルナンバーが000-000000(ぐらい)になります。これはレジストリ書き換えで修正しなければなりません。方法はマニュアルに書いてありますというか0になるから再インストールするときには書き換えてねとマニュアルにあります。えー。

.NET Framework 2の再インストールにてこずった

というわけで、WindowsUpdateが表示されていたので.NETのアップデートを実行し失敗終了。AutoCADはとりあえず起動するようになったけれども、「セットアップが正しくないので機能の一部が使えません」だったかな。そんなメッセージが出てきます。これではいけません。

というわけで.NETの環境が壊れているようなのでそっちの再セットアップです。が。プログラムの追加と削除から「修復」が効かずにエラー終了。アンインストールもエラー終了。んむー・・・。

いくつか調査したところ、マイクロソフトのサイトに.NETの手動アンインストール手順(Microsoft .NET Framework 2.0 のインストールに関する問題のトラブルシューティング方法)があったのでそれを実行したところ、.NETはちゃんと消えてくれました。

ここまでで疲れたのでこの日は終了。翌日、AutoCAD再インストール無事終了、起動もしました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://arika.stbbs.net/blogmt/mt-tb.cgi/488

コメントする

このブログ記事について

このページは、惟栂舞ありかが2008年4月 8日 23:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「その大きな絵に色を塗ることができた」です。

次のブログ記事は「野梨原花南さんの本を二冊」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ