ひとりごと:アーカイブ

楽譜

補完。

作曲本を読んで、いろいろなことがわかったつもりになった最近。実際のところ本当に読んだだけなので、これからいろいろ実践していき、何度も読み返すことになると思います。・・実は読めていないところもあります。五線譜です。小学中学で習う代表的な記号は概ね覚えているのですが、細部については危うく、今の知識だけではなんてゆーか、不足しています。そこで。

icon 楽譜が読める! 音楽記号事典名曲の譜例が満載!(7&Y)

音楽記号事典なるものを購入して読んでみました。以前はこの手の本を読んでも分けわかんなくて嫌になっていたのですが、作曲本を先に読んだためかはたまた他の人と笑いのネタにした後だったりしたためか、今回は最後まで見ることができました。・・読んだかどうかはわからないなぁ。先日、Chord(和音)をCode(符号ぐらいの意味で)にすることを考えて途中でやめたりしたわけですが、音を表現する手法・記号なんてのは先人たちが時間をかけて築き上げてきています。とりあえず知識はかなり深まりました。これで、五線譜で示されても(今までよりは)大丈夫です。

ブログ再構築

トップの記事を七日分にしたのと、カテゴリに「音楽」を追加しました。

トップの記事日数を変更したときに再構築を要求されて、カテゴリに音楽を追加したときにも再構築を要求されて、はいはいとやってはいたけれど、一息に再構築しても良かったのかなぁ。システムのことをよく理解していなかったりします。

普段からxfy Blog Editorを使用しているので、xfy Blog Editorを起動してカテゴリー情報を再取得。音楽に関係する記事を一つずつ開いてはカテゴリーを操作してサーバーへ反映。これ、記事一つずつしかできないのかなぁ・・。ちょい面倒。記事の数がそんなにないからまだましなのかもしれない。とりあえずそんな感じで今に至ります。

もうちょっといじるかねぇ・・。

概ねぼんやりとした日。

まったりと過ごした内容のない日。たまには。

先日、私にとっては半端じゃない夜更かし(朝四時ぐらいまで起きていた)をしてみたのですが、朝10時半過ぎには目が覚めました。ってかメールが届いていました。お出かけのお誘いなのですが眠いので一度お断りしつつ。お昼近くに再度のお誘い(寝てていいから)で、じゃぁ出かけようかと準備。顔洗ったりとか。で、準備が整ったと思ったら再度メールでキャンセル。んむー・・。用向きの先で準備が整っていなかったようです(車を見に行こうとしたけれど、お目当ての車がないのがわかった、とのことでした)。

起きてしまったものは仕方がないので、お昼も近いということでコンビニへお弁当買いに出かけましたですよ。そのコンビニの帰り、Crunkyが振動しました。一時期ウィンターテールの箱に入れていたナイン、今はクランキーの箱に入れているのです。お昼ご飯を買って帰るところですよーと話をすると「そんなはずはない」と即答・・。いや。まぁ。日曜日はご飯を食べないことあるけれど。

作曲本を少し読み進めました。

17時過ぎ。キッズへ。夜ご飯は「焼きそば」しかも「コンビニとかで売っている蒸したような感じの焼きそば」を私がリクエスト。コンビニへ行って蒸したような感じの焼きそばを買って帰り、食す。おいしかったですよ。いろいろだべりんぐ。

寮に帰ってからは、絵チャット。翌日は仕事なので、夜更かしせずに就寝~。

借曲

3/24補完。

作曲ならぬ借曲(しゃっきょく)。他の人の作った曲を借りて学ぶことを言う。造語。先日紹介した作曲本に書いてありました。作文も作画もプログラムも、あるいは車の運転でも、様を真似たり技術・うんちくを借りて覚えていくものです!と自分を正当化しつつ。

夜更かしした割には10時過ぎには目が覚めました。

なまたまごさんに聞いたところ、彼のCDの歌詞カードに、一曲分だけコードが載っていると言うことだったので改めて見返してみると、確かに。ある。ので、それをもとにMSPへ入力。メロディは今まで通り耳コピーで。ほんの数週間前は私には全くわからなかったコードが、今の私にはそれなりに読める・・。けれど、入力して再生してみるとなんだか違います。たぶん、私が間違っているので、復習しつつちゃんと読めるようにならんとね-。いろんなコード進行を見聞きしたり教えてもらったりしても、私がそれを受け取れなければ勉強にならない。精進精進!

絵チャ

3/24補完。

お絵かきチャット。チャット中のすべての人が、一つのキャンバスでお絵かきをするというもの。

二週間ぐらい前に教えてもらって、すっかり嵌っています。私がお邪魔しているのは、週末だけ開催しているところです。毎日じゃなくて良かった(苦笑)。

週末の夜にお邪魔して、絵を描きます。この日(22日)は、先日の夜更かしもあって生活のリズムがずれているかなぁと思って、もっと夜更かししてみようと画策。パソコンで修正することを前提に描く、というのになれすぎて、即興で絵を描くのが下手になっています。なので参考になるものを見ながら絵を描いています。さらに、時間があるならいろいろごまかしがきく・・。具体的には枠を作ってみたり(ぉぃ)。

パソコンによる修正前提ではなく、参考になるものを見ながらというのでもなく、何も見ないでさらさらと絵が描けるようになりたいなぁ。

3/24補完。

なまたまごさんが近くでライブをすると言うことなので、仕事帰りに冷やかし参加。慣れていない雰囲気にちょっとだけとまどい・・とかいいつつ結構楽しんでみたり。合いの手を入れるとか手拍子を入れるとかが、私にはとても難しいことなのです(精神的な面で)。この辺、私はちょっと損をしていますね。

ライブ後、お店の方々と即興で合奏始めたりするところなど、見ていてとても楽しい。良いね、音楽。

結局0時過ぎてから帰りました。帰ってから本(海皇記 最新刊)など読んで夜更かししつつ、まったりと就寝。

作曲のお勉強

そろそろこのブログにも「音楽」タグが必要かもです。まぁそのうち。

曲を「何となくー」で作ってもたいしたものができなかったので、作曲に関する勉強を始めました。参考となる本を買おうと思って赴いた本屋さんに、作曲に関する本は一冊しか見つけられなかったので、それを買って読んでいます。

作曲本 メロディーが歌になる 誰もがみんな曲が書ける、歌を作れる!(7&Y)

今はまだ読んでいる途中ですけれども、読んだところまでで思ったこととか少々。

ドレミファソラシ→CDEFGAB

これはOK.昔々、MSXで音を鳴らそうと思ってMML(MusicMacroLanguage)を覚えました。MMLにおける音階表現がCDEFGABでした。MMLはPC-9801のN88-BASICでも同様でしたので、復習になりました。さらに、MIDIでも同様でしたのでさらに復習・・。個人的には、ドレミファソラシやハニホヘトイロよりも馴染んでいます。

スケール(音階)→階段

階段??階段って言われると、段によって高さが違ったりしたら転ぶじゃないか、転ぶを失敗ととらえたら嫌な感じーとか余計なことを考えました(笑)。

概念を読んでいって、私としてはスケールはスケールだなぁと感じました。あれだ、音程に対する定規。定規だったら、メートルだったりヤードだったり尺だったり目盛りが違う訳じゃないですか。音楽の場合は調によって目盛りが異なるってことで。

宣言すればすべて影響を受けるという意味では、Webページで言うところのHTMLに対するスタイルシートみたいな。

全音と半音

んー・・。周波数の飛び幅か何かかな。

ハ長調音階はC全音D全音E半音F全音G全音A全音B半音Cだそうです。音階はやっぱ定規かスタイルですよ。うん。

イ調旋律短音階はなんだかヒステリシスな感じ。上行と下行で音階が変わっているように見えます。よくわかんないけど。

コード

・・・・。んー。Delphiでプログラムを作ろうとしているときにC++のサンプルコードを見ている時と同じ感じがしました(笑)。

Cメジャースケールを五線譜とコードで並べています。C Dm Em F G Am Bm-5 C。五線譜上は2度ずつ進んでいますが、コード表記上はなんでメジャーとマイナーがならぶんでしょ?

ページをめくっていくと、サンプルとして根音Cのコードがずらずらと。メジャーは1-3-5とかマイナーは1-♭3-5とか度数で示しています。けれど、DとかEとかで、なぜトライアルが2度ずつじゃないのかの説明はなかったです。自分なりに想像してみました。私が想像しやすいのは五線譜よりもピアノロールでした。

Cメジャースケールで根音CDEFGABに対するコードを並べてみます。

すると、黒鍵を含めた鍵盤の移動量に、度数と同じような法則性が見えます。形でわかりますね。

音楽の慣習にあわせず、根音を0として数えています。あれだ・・。私は馬鹿だから度数じゃわかんない。でも、コードの接尾語に出る数値は度数。んー・・・。

コードの接尾語ごとの対応はこんな感じ。私がわかるように作ってみたのですが、五線譜で示すよりもわかりやすいと思います。・・私以外の方にとってはいかがなものかわかりませんが。ところで同じコードにもいくつか呼び方があったりします。また、この表以外にもコードは沢山あるようです(エクセルで作った絵が横長になりすぎたので、右側を削除しています)。

五線譜で示す場合には調を指定しておけるから使えるコードと使えないコードが(わかる人には)わかるんだろうなぁとか思います。私にはよくわからない。上記の表を調別スケールでマスクしておくと使いやすいかな。

ダイアトニックコード、ドミナントモーション、ツー・ファイブ

コードを循環させるときに必要になる約束事・・。スケールの音階ごとに下行から上行へ1~7で数え、1をトニック、4をサブドミナント、5をドミナントといい、5から1へ進行することをドミナントモーションと言う。また、2から5へ進行することをツー・ファイブ(そのまんまですね)といい、5を分割するときに使うのだとか。

ほか

この本には、代表的なコード進行やメロディの作り方、カウンターコードの考え方、などが掲載されています。

Updateとか

先日のServicePackもそうだけれど、ここ数日でJavaやらなにやらアップデートやらパッチやらをよく当てているように思います。そういう季節?

それはともかく、今日はSPAMメールがいつもより多かった。1.5倍くらい。なんだろう・・・?私何か やらかしたかな。まぁ、時々思い出したかのように増えるのだけれど、だいたいは連休近辺だったりしたのです。今は何もない・・よねぇ・・。

夜更かしと言うほどのことはしていないのですけれども、なぜだかいつもの時間に目が覚めませんでしたです。前日何したっけかなぁ・・。あぁ、髪の毛が乾ききる前に眠ってしまったのは覚えています。

今回のアップデートは「OfficeXP ServicePack3」と「Visio2002 ServicePack2」です。タスクトレイからバルーン表示が出て、まぁ適当にやってくれと思いつつ更新開始。「今の作業続けてていいよ」みたいなことをバルーン表示していたので継続したら、インストールできなかったよーと言われた。むぅ。

少ししたら更新の表示がもう一度出てきたので、今度はほかの作業をせずにインストールを待ってみたら、「OfficeXPのCD入れてくれー」なダイアログボックスが出てきました。そっかーServicePackだもんなーと押し入れからパッケージを取り出してCD挿入し、また待ち。今度は「Visio2002のCDくれくれ」なダイアログボックス表示、さっきのCDを取り出しつつこっちもかーServicePackだもんなーと押し入れからパッケージを取り出してCD挿入し、また待ち。そのうち終わった。

二つのパッケージを押し入れにしまい、中断していた作業を再開、終了。

眠る前に、一度アプリケーション起動しておくかーと、エクセル起動。「OfficeXPのCD入れてくれー」なダイアログボックスが出てきました。そっかーServicePackだもんなーと軽くデジャビュしつつ、きっとVisio2002もだよねーと押し入れから二つのパッケージを取り出して、OfficeXPのCD挿入。問題なく起動することを確認してCDを取り出し、今度はVisio2002起動。きっとCDくれと言われるんだろうと思ったら今度は何事もなく起動。

・・・CDを手に持ってた。くやしいからCD挿入。

KiDSに遊びに行き、そこで話題になったこと。

「嫌煙家が嫌い。何故なら・・・」
というところから始まって、いろいろ略。私としては空気が流れていれば(換気できていれば)、度を超えない限り吸うのはかまわないと思っています。そのうちタクシーの全面禁煙の話から、禁煙車・喫煙車を分けてはどうかという話になって。んで、
「間をとって一言断ればおっけーとか。コミュニケーション車」
ときたところでもう解決です。

たとえばファミレス。
「喫煙席、禁煙席、コミュニケーション席どれにいたしますか」
みたいな。前の二つはどうしてもそうしたい人や、事情によってそうしたい人向けで。コミュニケーション席では、近くの人に一言断りを入れるんです。断りついでにちょっと世間話なんてのもありかも。

そういえば、喫煙席禁煙席なんてものができる前のファミレスで、草の根BBS(Wikipedia)のOFF会(オフラインミーティング)があったりすると、そのメンツの中で風上風下でたばこ吸う人と吸わない人で分かれて、席次を決めたりしていたなぁなんて思い出しました。

たばこに限らないけれど、特にインターネット上で不満はよく聞こえるが、その意見を持って多数意見としてはいけない。現状でよいと思う人は不満を述べないだけでなく、現状でよいという声も出さない人たちだからです。システムとして原理主義的に厳密に分け隔てるまでもなく、互いが互いを気にして一声かければおおむね解決する領域もありじゃないかって訳で。

喫煙家のマナー云々が取りざたされたりするけれど、嫌煙家の喫煙者に対するマナーというか行いもひどいことになっていませんか?

ちなみに。私はたばこを吸いません。どっちかってーと嫌煙側の人。

このアーカイブについて

このページには、2008年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年2月です。

次のアーカイブは2008年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ