ひとりごと:アーカイブ

Just Suite 2008

二月八日にバージョンアップしました。しばらく使って思ったことをつらつらと書いてみます。

オフィス統合ソフト「JUST Suite 2008」(JustMyShop)

ATOK 2008

全般、賢くなりました。辞書を引き継いでいないのに、違和感なく使用できます。ここ何回かのバージョンアップで、私は「辞書を引き継がない」ようにしています。今回も辞書を引き継がないで使用。面倒を感じたのは、自分のハンドルネームと「笑」ぐらいです。いつも「しょう」で変換しています。ハンドルネームも笑も一度の変換で覚えてくれました。

今回おもしろそうだと思ったのは、推測変換モード。最初の一言目の入力で残りの部分を選択する。Ctrl+変換でモードが切り替わります。おもしろそうだとは思ったのだけれど最初の一文字目で様々な候補が表示されると、ちょっと・・・うっとうしいです。それと、目の前の文章意図とあわないことがちらほら。過去の入力情報から選択候補を表示しているようです。・・今までの「省入力候補」(複数文字入力すると過去の履歴から候補をツールチップに表示し、Shift+Enterで確定するあれ)が便利なので、なおさら推測変換モードはいらないかも。あるいは、変換候補じゃなくて、省入力候補のようにツールチップに表示してくれたら・・。おそらくこの推測変換モードは、「同じような文章を繰り返し入力する人」に向いていると思います。

一太郎 2008

作業フェーズ「エディタ」が割と使いやすいです。テキストエディタのような感じ。「エディタ」で思いつきを入力していき、「アウトライン」で構造化、「基本編集」でスタイルを適用して見た目を整え、「ビューア」で最終確認。のような感じで作文を進めていく思想です(変更できます。設定次第)。

テキストファイルの読み込みでShiftJISとUnicodeが使えるのですけれども、前バージョンで文字化けしたUTF-8は、今回バージョンでも文字化けしました。これから使われる機会が増えていく文字コードとにらんでいるので、ちょっと残念です。

文書フォーマットについて。ODF対応。は、今のところ割とどうでもよいです。マイクロソフト・ワードに対する文書互換性向上とありますが、マイクロソフトはオフィスドキュメントのフォーマット公開との話がちらほら。さて、どうなることやら。

Shuriken 2008

元々軽快でしたが、さらに軽快になりました。とくに迷惑メールフォルダ。以前は選択した瞬間「止まったように」感じたのですが、今はそれがありません。・・・迷惑メールたまりすぎってのはありますが。迷惑メール未読数は一万を超えています。ただ無意味にたまっています。掃き溜め。

新機能「フォルダウォッチ」は、使っていません。ウォッチで簡易表示をしなければいけないほどのメールが来ないので。

届くメールの97%は迷惑メール。情報交換のツールとしては効率悪すぎだけれど、自動振り分けの性能に頼った運用ですねぇ・・。

JUST PDF

PDFの「作成」と「編集」。以前のJustsystem PDF Creatorとは別物のようです。上書きされずに両方使える状態になりました。で、これ、PDFの結合とかオーバーレイ(PDFの重ね合わせ)とか結構便利です。

Agree 2008

プレゼンテーションソフト。パワーポイントみたいなもんというかファイル互換も気にしているようです。プレゼンテーション向けに作成したデータはほかへ転用するのが難しいので、あまり好きではないです。が、食わず嫌いも何だかなというのと、ニコニコ動画にあげてある動画のうちのいくつかはプレゼンテーションソフトで作った方が効率がよいように感じたので、まぁ試してみようかと。

まだ手探り状態なので、良いのか悪いのかわかりません。動画ファイルを出力できないのは、目的外なので仕方がないところでしょうか。フラッシュが出力できたらいいなぁとか思うのです。

SuiteNavi

「アプリケーションが中心ではない」「ファイルが中心」「コンテンツが中心」というコンセプトの、ランチャーのようなもの。ウィンドウの左側ペインにファイルがリスト表示されていて、右側ペインに内容が表示されます(ブラウザ表示とテキスト抽出表示を選択できます)。下側ペインにそのファイルでできることがアイコン表示されます。エクスプローラのコンテキストそのままなのかな。

「クリップ」という機能があります。複数フォルダにまたがるファイルを「クリップ」でまとめておけば、便利かもしれません。

難点は、フォルダを開いているときにほかのフォルダへ移動しにくいことと、基本的に「文字データ」「オフィスデータ」に傾倒していることです。絵や音楽、動画、データベースなどはジャストシステムの範囲外なのでしょう。サムネイルだけじゃなくて、プロパティや内部要素を表示してくれるとありがたいのですが。

私自身が各種ファイルをどのように使っているかを考えるきっかけになりました。私は、コンピュータ上のファイルをフォルダ単位で使用しているようです。案件単位とかプロジェクト単位と言い換えてもよいかもしれない。「何か作りたい」と思ったとき、まずフォルダを作成し、その中に「何か」の元となるファイルを放り込み、作り込んでいきます。いくつかのファイルを結合し、作りたい「何か」ができあがります。たぶん、プログラムを作るときの手順がそのままほかのファイルにも応用されています。

花子 2008と、三四郎 2008はインストールしていません。

オフィス統合ソフト「JUST Suite 2008」(JustMyShop)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://arika.stbbs.net/blogmt/mt-tb.cgi/505

コメントする

このブログ記事について

このページは、惟栂舞ありかが2008年2月23日 11:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鏡音レン「へたれきつね」オリジナル」です。

次のブログ記事は「喫煙席・禁煙席・コミュニケーション席」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ