ひとりごと:アーカイブ

鏡音リン・レン

インプレッサを取りに行ったとき、友人も一緒でした。で、帰った足でそのまま秋葉原へ。私は鏡音リン・レンを入手。

で、早速インストールして遊んでみているわけですが、ミクと比べると、一音一音を強く発音している印象があります。ミクになれすぎたのかどうか、強い「癖」を感じます。別音階の「い」や「た」に綺麗につなげられない。ピッチを深く、ディケイを長くしてみたけれど、うまくいかないなぁ・・。音声データ毎に違うテクニックが必要なのかもしれません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://arika.stbbs.net/blogmt/mt-tb.cgi/520

コメントする

このブログ記事について

このページは、惟栂舞ありかが2007年12月28日 23:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「おかえり」です。

次のブログ記事は「鏡音リン「雪、無音、窓辺にて。」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ