ひとりごと:アーカイブ

ソフトウェア開発技術者試験

情報処理技術者試験のソフトウェア開発技術者試験を受けてきました。今回はすばらしい出来ですよ、直近の無料駐車場に止めることが出来たのです。これでもう千葉工大芝園キャンパスへの到着は疑いがないね! B木は概要しかわからないから深い問題がきたら諦めよう。

んで、試験の結果なのですがこれがもう・・・。

午前。私の計算力不足を遺憾なく発揮した結果、時間が足りませんでした。最後の三問はすべてウにしました。問題は知りません。だってひどいだよー、計算問題にちょっと一ひねりはいる感じなんですよー。ひねり入らなくても大変なのにひねりいれられたらもう、他の人の三倍ぐらいは計算に時間掛けましたよ、・・多分。

午後1。プログラムの中でまずい部分(挙動の内容)を文章で答える問題がありました。ノード2がアーク先(ノード3)を検索した後にプログラム中で指定した出力が出るってことなんだけれども文字数の制限があってなんとこたえたものやらと悩み、とりあえず問題を一通りこなした後に書いては消して書いては消して書いては消して書い・・・「時間です、ペンを置いて下さい」No!

午後2。先述した通り、B木は概要しかわからないから深い問題がきたら諦めようと思っていたのです。が。丸ごとB木でした。もうね、必死。なんだよもー去年は丸ごとSQLだったじゃないかよぅ。そっちのほうがまだなんぼかましだよぅ。時間はあったのだけれど最後の三問は答えていません。わからなかった。ぐぅ。

今回も結構間違えているような気がしますが、さて!積読もDVDも結構あるのです。初音ミクもインストールしてみないとね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://arika.stbbs.net/blogmt/mt-tb.cgi/542

コメントする

このブログ記事について

このページは、惟栂舞ありかが2007年10月21日 17:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソフトボール」です。

次のブログ記事は「ソフトウェア開発技術者試験自己採点」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ