ひとりごと:アーカイブ

会社の後輩と夕食を食べました。久しぶりの・・・なんだっけ。ビッグボーイ・・かな。

私が頼んだのは「プリンパフェ」と「ふんわり卵のオムライスシチュー」と「ドリンクバー」なのですが、食べ終えたらお腹いっぱいで、ちょっとだけ食べ過ぎかなと感じました。少し食べ過ぎたと後輩に言ったら、「パフェが多い」とか。やっぱこー腹八分目くらいに収まるのがちょうど良いのです。そうするためには、一人分の量を減らしていただきたく!

そう、「パンがあってもケーキを食べればいいじゃない」ぐらいの勢いで(待て)。

CDにDVDが付いていた時

先週末、CDを二枚買いました。どちらもDVDが付属しています。で、だ。先ずCDを聞きたいような気もするがDVDの内容も見てみたいけれども一度にこなすわけにも行かず左右の目と耳を別スレッドで作動させるなんて真似も出来ないのでうーんと悩んでみたり(いや、一つずつやれよとはごもっともな意見なのでそれ以外の意見をどうぞ)。

GDAAとVALCON for GDB

今のインプレッサ(GDAA)を買った後に取り付けたVALCON for GDBですが、買った当初はONにしてもOFFにしても大きな差は感じらませんでした。燃費が悪くなる向きもあってこれはどうなんだろうとか思っていました。が。最近ちょっとONにしてみたら思っていたより力も出るし燃費も良くなるし。燃費に関しては今回の帰省ではっきりしました。よくなっています。力が出て燃費も良くなって良いことずくめではないですか。買ったときと今とで何が違うんだろう。・・・。慣れ?あとエンジンオイルかな(白インプ購入直後はワコーズオイルだったように思う。その後のエンジンオイル交換はすべてゼロSPチタニウムR)。

(大きな期待をしてはいけません。運転が若干楽になる程度です。例えばロックアップ後のちょっとした加速とか)

そんなわけで、丸目インプ前期な人にはお勧めです。懸念があるとすれば、バルコンスイッチOFFの状態での運転に慣れたから、差がわかるようになった可能性があるって事かなぁ・・。

実家から帰ってきました。

実家へ帰るときには、127号→館山道→アクアライン→首都高→東北道→山形道→13号ってな感じ。

山形自動車道に乗る前の電光掲示板で「熊出没注意」とかありました。んむー。

実家から帰るときには、13号→山形道→東北道→常越道→常磐道→(下道)柏~穴川→館山道→127号ってな感じ。

渋滞考慮しないと所要時間9時間とか出てました。考慮すると上記ルートになって所要時間6時間。山形自動車道から東北自動車道に出て最初の電光掲示板で「熊出没注意」とかありました。んむー。柏~穴川間の下道では花火渋滞にひっかかってしまった。ナビに従ったのでよくわからないけれど、東関道を使わないのは渋滞していたのだろうか、それともいつもは渋滞するから避けたのだろうか。

「勝手に帰れよ」と返されて話が終わりそうです。それはともかく、実家へ帰るのでおみやげを買いました。で、その後寮へ戻るわけですが、大渋滞です・・・。

おみやげは車で帰るときにはいつも同じ場所で買っていたりします(GoogleMap:袖ヶ浦)。なんで袖ヶ浦まで行っておみやげ買ってるんだろう・・・?それはともかく帰り。ここまでくるのに対向車線の混み具合を見ていますので、裏道を帰ろうと思ったのがそこそこよくて旧道はそこそこ流れていました。が。木更津の駅が近づくにつれて・・・。いつもより込んでいるなぁ・・・みたいなぁ・・。

夜。いつも通りKiDS(駅前)へ遊びに行こうとしましたが、わずかずつしか動かない車列にギブアップした(諦めて寮に戻った)私がいました。やっさいもっさいとか花火とかですね。そんなんです。

「つまらない物ですが」と言いながら物を渡すと謙遜しているようですが、「くだらない物ですが」と言いながらでは喧嘩売っているようですねとか話の流れでそんなんなった。
「下らないはどっちだっけ、東京から大阪?大阪から東京?」
「持ち帰らないという意味で東京から大阪ですかねぇ・・」

みんな物知りだなぁ・・。ちょっと調べてみましたが、語源は諸説紛々のようですねぇ。

それはともかく、例えば秋葉原とかで中身の見えない商品で「くだらない物が入っています」と書かれていたらどうでしょう。福袋とか。そんなものがあったら無性に欲しくなったりしませんか?「本当にくだらない物しか入っていませんよ」とか言われたらますますそれが欲しくなったりしませんか?

・・・・・。友人同士でくだらない物を送りあうのはやめましょうね(戒めと牽制)。

デュアルディスプレイでぷよぷよフィーバーを遊ぶときの画面選択方法がわかりました。「オフライン/オンライン/ロビー」を選択した後に聞かれていました(汗)。違うグラフィックカード二枚差しならすぐに気づくのだろうけれども、私の場合は一枚のグラフィックカードで二系統出力なものだからメッセージが変わらない。

で。最初「いいえ」と選択するともう一度同じ事聞かれるので今度は「はい」と選択。そうしたらメインディスプレイで遊べましたよ。なんで聞く順番が逆順なんだろう。とりあえずまともに遊べたのでOKです。

起動するたびに毎回答えなければいけないので、Ysのようにコンフィグで設定しておける方が遊びやすいかもです。

YouTubeでぷよぷよを検索。いくつか見ているうちにぷよぷよで遊びたくなりました。けれど、私が持っているぷよぷよが動作する筐体はPC-EngineDUO-Rのみ、映像はUSBキャプチャ経由でPCモニタ、映像遅れ0.5秒(体感)。んむー・・・。Windows板で遊びたいなー。いつも使っているオンラインショップにはマック版ぷよぷよフィーバーしかなかった。

話は変わるけれど、今日は無目的ドライブで秋葉原に到達、せっかくなのでWindows板ぷよぷよフィーバーを探し回って見るも見つからず。近場の電器店数店にもみあたらず。ぷー。Amazonかダウンロード版か・・・。

夜になって諦めて、ダウンロード板を入手することにしました。ブロードバンドってすばらしい。媒体が手元にないのは、システムが飛んだときのことを考えるとちょっと怖い気もしますが、もっと考えれば媒体が手元にないソフトを結構使っている自分に気づいたのでもういいやーみたいなー。

フォームのOnCreateで下記追加。

With Application do HelpFile := ExtractFilePath(ExeName) + ExtractFileName(HelpFile);

つまり、ファイルオープンダイアログとか開くとカレントディレクトリが変わっちゃって、Helpファイルが見つけられなくなるようです。なので、ヘルプファイルを管理するプロパティに、フルパスで場所を登録すればOK。設計時には実行時の場所がわからないので、このプロパティは実行時に上記のように変更してあげること。

これで、Win32APIをほとんどさわらない、Delphiらしいヘルプ運用プログラムになりましたよ。

以下、反省とも愚痴ともとれない無駄話

仕事で早速いろ交換!とか思ったらバグってた。ビットフィールドフォーマット使ったタイプで。ビットマップもいろいろタイプがあって、なかなか大変です。

解消のために仮の描画領域を設けて作業するようにしたらば、カスタムビットマップについても解決してしまったので、今朝言ったことを取り消す方向でソフト修正。エラーについてもちゃんとエラー処理。うん、普通のソフトっぽくなりました。

そろそろ飽きてきたです

wb for XP作りにそろそろ飽きてきました。と、いうわけで

  • いくつかの表に出ていないバグをフィックス。
  • カスタムフォーマットビットマップの時、24ビットTrueビットマップとして処理(今までは「未フォーマット」として表示もされなかった)
  • 連続処理結果をダイアログ表示。ダイアログの中はRichEditなので範囲選択してコピーできます。

このアーカイブについて

このページには、2007年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年7月です。

次のアーカイブは2007年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ