ひとりごと:アーカイブ

HTMLHelpViewerはもっと簡単でした。

(追記(2007/8/2)かなり簡潔になりました。覚え書き作りました)

Delphiの構成ファイルにHTMLHelpViewer.dcuというものを見つけました。フォームのUsesにHTMLHelpViewerと入れるだけで万事解決・・・。悩んだのに。せっかく作ったけれどCallHtmlHelp.pasは要らない。

正しく作成されたHTMLHelpに対応したユニットのようで、私のいい加減なchmファイルにはテキストポップアップがないために具合が悪いです。そのあたりはOnHintで前回同様のロジックを組んでカバー。chmファイルがまともならこんな小細工も要らないです。

ところで、悩んでいることがあります。愚作CallHtmlHelp.pasも、HelpScribbleにあるプログラムもHTMLHelpViewerも、アプリケーション使用中にヘルプが開かなくなると言うとても大きな同じ問題を抱えているのです。以下再現手順。

  1. wb for XPを起動して、
  2. メニューから開くを選択し、
  3. 画像選択のダイアログボックスが開いてるときに「?」ボタンを押して
  4. 適当にテキストポップアップを参照します。
  5. 適当に画像を選択、もしくはキャンセルしてメインの画面に戻ります
  6. 以降、ヘルプが開きません。

私の環境の問題なのどうかわかりませんが、とにかく気に入らない動作です。しかもこれ、起動後に一度ヘルプを見てからなら起きない現象だったりします。なんだろー・・・?

現状。ヘルプで試行錯誤しているだけなので機能は増えていません。ソースコードは少し綺麗にしたかな。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://arika.stbbs.net/blogmt/mt-tb.cgi/570

コメントする

このブログ記事について

このページは、惟栂舞ありかが2007年7月23日 21:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Delphi 2005 と HTMLHelp」です。

次のブログ記事は「お客様」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ