ひとりごと:アーカイブ

ただの面倒くさがり

「難しい物ではないから、すぐに出来るでしょう」

そんなことが言える人がその作業を仕事としてこなせばよいのです。人の集団生活とは、得意分野で人の役に立ち、苦手分野を他の人にやってもらうことです。お、なんか良さそうなことを書いた。続けてみよう。私はハードウェアシーケンスや電源系統の設計が苦手なのだけれど、私が藻掻いてしまうこれらの作業を同じ部の他の方々は淡々とこなしていくのです。淡々とこなせる人が仕事としてやればよいのです。例えば、車のメンテナンスについていろいろこなせる人が、こなせない人の分を仕事として請け負って対価を得るように。対価だって。中継ぎを「お金」で精算することにかんしては気づかなかったことにします。

「ありか(仮)さんならパソコンのセットアップなんてすぐ出来るでしょう」

私でなくとも今時のWindowsパソコンのセットアップなんて難しい物ではないから、すぐに出来るでしょう

・・・あ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://arika.stbbs.net/blogmt/mt-tb.cgi/584

コメントする

このブログ記事について

このページは、惟栂舞ありかが2007年6月14日 20:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あいにくの雨」です。

次のブログ記事は「ポータブルDVDプレイヤーが欲しくなってきました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ