ひとりごと:アーカイブ

おい・めい・わたし

甥っ子は年長組?。ちゃんとしゃべっているのですが、遊んでいるときはなんだか擬音が増えています。放っておけばきっと新しい言語が生まれます。姪っ子は抱き上げられてだっこされるのが大好きなようです。そのまま誘拐できそうです(待て)。でも持って行ってもきっと疲れますよ?

両親は、私と甥っ子の名前を時折逆に呼んでいました。親にとっては子供はいつまでも子供らしいですからきっとそうなるのでしょう。おもしろいです。ってか、私の兄も私の名前を間違えたときにはなんて言うかもう、私の存在って被保護対象かなにかかなぁとか考えてみたり。きっと、社会人になって家を出る直前まではそうだったのでしょう。そして今は普段家にいないので、その意識がかわらんのです。楽だから良いけれど。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://arika.stbbs.net/blogmt/mt-tb.cgi/602

コメントする

このブログ記事について

このページは、惟栂舞ありかが2007年5月 1日 17:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「帰省」です。

次のブログ記事は「ブロック」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ