ひとりごと:アーカイブ

扉の外2

前巻に引き続き天使こと蒼井典子と女神こと正樹愛美、前巻最後の行動がなんだかなぁな氷室が登場します。

前巻に引き続き「クラスのみんな」の思考は単純です。まぁ物語の中は普通の状況ではないのだし、一人一人描いていたら話が進まないだろうから仕方がない。前巻の最後でよさげな終わり方をした蒼井さんですけれど、この巻では・・。じゃんけんゲームの親というか。なぜここにいるのだろう?

で、前巻と違い「乱闘」があります。スタンガンとかでてきます。おっそろしー。

テーマはなんだろう。信頼と疑心暗鬼?もてる者と持たざる者の確執?守る者と守られる者の意識?

今回の最後は前巻と違い、自身の意志を感じ取れます。

オンライン書店ビーケーワン:扉の外 2扉の外 2
土橋 真二郎 著 / メディアワークス

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://arika.stbbs.net/blogmt/mt-tb.cgi/594

コメントする

このブログ記事について

このページは、惟栂舞ありかが2007年5月14日 21:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「文学少女と穢名の天使(アンジュ)」です。

次のブログ記事は「ありかのアトリエ、ロゴ新調」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ