ひとりごと:アーカイブ

AQUA、ARIA

「AQUA(1~2)」と「ARIA(1~10)」(ともにブレイドコミックス版)を全巻買って、少しずつ読んでいます。

舞台は火星(作中ではアクアと呼ばれています)。そこだけみるとSFチックだけれど、大げさな事件や陰謀なんてものはありません。主人公の日々の暮らしをつづっているだけのような感じです。主人公はちょっと足りないというか頼りないというかそんな感じですけれども、それがまたほんわかしていて良い感じです。時々はいるパクリの要素も大げさじゃなくてクスリと笑える程度でよい感じです。そしてまぁ絵のしっかりしていること。一コマ一コマ、色を塗りたくなります(待て)。

オンライン書店ビーケーワン:AQUA(→bk1) オンライン書店ビーケーワン:AQUA (→bk1)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://arika.stbbs.net/blogmt/mt-tb.cgi/616

コメントする

このブログ記事について

このページは、惟栂舞ありかが2007年4月 7日 12:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「更新周期」です。

次のブログ記事は「Lunatic Moon Convention 137」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ