ひとりごと:アーカイブ

帰省

千葉県から山形県へ帰省。割と思いつきで行動する私なのですが、今回は前日に実家へ帰ると連絡しました。うん、計画的。朝一番で体調を崩していたりしましたが、しっかり朝食をとって出発予定時刻を遅らせることで調整しつつ、出発なのです。そういえば昨日、三食食べていませんでした。

カーナビに従いたらたら走行していると、首都高に入ったあたりで「渋滞考慮リルート機能」が働きましたので、じゃぁそれで。って選んだらいつの間にやら常磐道を走行しています。アクアライン通ったのに、何があったんですか東北道!?

特に渋滞にはまるようなこともなく、高速沿いの桜が綺麗だなぁなんて思いつつ五時間程度で山形に到着。

山形は「春!!!」です。リンゴやら桃らやぶどうやら、花満開なのです。とても綺麗で先が楽しみです(食い気)。

ドライブ!

今日は車でお出かけなのです。

88HOUSE AutoStation

まずはエンジンオイル交換。数日前に88HOUSE AutoStation (フラッシュ多用&スピーカー音量注意です。 88Groupの案内 はテキスト主体)に連絡を入れてあります。今回もゼロ・スポーツのチタニウムR(だと思う。いや、自分で指名しているのだけれど)。前回エレメント交換していたかどうかを忘れています。たぶん交換していたと思うので今回は交換しない。えっと、車購入時はワコーズで、4000キロぐらいのってゼロ・スポーツにしたんじゃなかったかな。そんとき交換していたはず。今回さらに5000キロ近くのったので。

オイルを抜くためにインプレッサをリフトアップしていたので、足回りなどまじまじと観察。タイヤは・・まだ・・大丈夫?かな? フロントリップスポイラーはまぁ・・ね。 ATオイルクーラーのホース結合部から少し染みていたというか吹いた跡があったというか。増し締めしてもらいました。&走行会の案内をもらいましたです。

ラ・アンスポーツ

次にドライブがてら野田市はラ・アン スポーツへ。スプリッターリヤウイングを購入したところです。渋滞に巻き込まれることを覚悟していたのに、割とスムーズに到着。この時分、この通行量で大丈夫なのかアクアライン!? それはともかく、ラ・アンスポーツのカウンターに赤インプレッサの遺影があります(涙)。「今度は事故らないように」はい、ごもっともです(白インプレッサへの経緯は話しています)。ってかよく覚えていますね。ここでは反射板交換サイドカバー(WRC CUSTOM)を購入。これも数日に連絡して、取り置きしていただいていました。

茂原方面(まで行っていない)

帰り、渋滞のメッセージと回避選択の案内がカーナビから発せられて、速攻で回避ルート選択しつつ、やはり割とスムーズに巡航。

つい先日、東京へ講習(?)出張に行った帰りのバス(東京駅-君津駅)が木更津南を通り過ぎていたように思います。カーナビが木更津南へ行けというのを無視して直進、カーナビ上は何もないところを走ります。3月に開通したばかりの道なのです。終端まで行ってみました。木更津東・・・・。んー、まだまだこれからですねー。

筆記体と年齢と

CNET Japanフォトレポート:世代で異なる筆記体の流儀--米調査というものがありました。

先に自分で「the、medical、x-rays、Alumni、event、Rubey」を書いてみて欲しいとあったので書いた。私が書いた筆記体はこんな感じです。

eventの「v」がぎこちないです。知識として書き方を覚えてはいるのだけれど、書いてみるとなんだか「r」と区別がつかなくて、結果「v」だけはこんな書き方になっています。Arikaにしても本名にしても「r」を使うのに、「r」と「v」は苦手意識があります。

さて、それはともかく読み進めてみます。Srihari教授のコンピュータープログラムでは、「b、d、h、l、v、x」の文字の書き方で、24歳未満の筆跡と45歳より上の筆跡を判別できて、82%の確率で当てるそうです。

二ページ目、信じる信じないは別にして、「the」という単語についてとあるけれど、なんか24歳以下が下手すぎやしませんか。

もっともっと読み進んで四ページ目、「event」が出てきました。24歳以下、vが鋭いです。対して、45歳より上は、数学式や電気関係でよく見かけるvな感じ。Palmer Methodの筆記法の影響を受けているとか書いてあります。私が習っていたのもこれなのかな。

筆記体の違いがある原因については、私は日本人だから関係ないかなぁとか思いました(←本題はこれだけです)。

前回はわりとまったり進んだ物語ですが、今回はちょっと怖いところがあります。いろんな意味でへれんちゃんが怖いです。

あの従兄弟同士は、子供の頃にお互いを女の子と思っていたんですねー・・・(笑)。ってか母親ズが怖いです。

車を運転しているときに、じゃれ合ってはいけません。怖いです。

そしてあの恋愛ドラマじみた終わり方というかつなぎ方はいけません!!気になります! Next!! はやくはやくー!

オンライン書店ビーケーワン:鳥籠荘の今日も眠たい住人たち 2・鳥籠荘の今日も眠たい住人たち 2
壁井 ユカコ 著/出版:メディアワークス

話題の関連というよりも商品の関連でしかも薄かったり、エントリーとは全く関係のない宣伝だったり、あろうころかエロだったり。鬱陶しいです。「いやその事象にはこんな考え方もあるのだよー」みたいなトラックバックならまだわかるのですが。私は・・トラックバックしたこと無いなぁ・・(練習で自己完結したことはある)。

しかるに、たいしたことを述べていない私のことなので、トラックバックなどそうそうくるはずがないのです。

とはいえ。どうやらトラックバックの運用が一様ではない様子。「同じ場所の話題だー」というだけで内容が違ってもトラックバックをする人もいれば、議論や異論、反論などの元となるエントリーに対してトラックバックする人もいて。私は、内容につながりがあればこそトラックバックが有意義なのだと考えています。「内容のつながり」の重み付けが人によって違うのでしょうね。

トラックバックは有意義でなければならないなんておしつけるのも野暮かなぁと思いつつ、ここ「ありかのアトリエ」では私が「外れている」と判断すれば恣意的にトラックバックをはねて(不許可して)いきます(外れていないと判断すればつなぎます。同じ意味だけれど、両方書かないと納得しない人がいるといやなので)。

ちなみに、このエントリーはトラックバック不許可です。

フェンダーマーカー

フロントフェンダーについている、ヘッドライト脇のオレンジ色の反射板。ウィンカーではありません。

車本体が赤かったときや、リアウィングをつける前は気にならなかったのですが、車が白くなってリアウィングがついたら、こいつをもうちっとなんとかしたいなーとか思い始めました。で、だ。試験前日がスバルお客様感謝デーだったので赴いて、ウィンカーにつかうカクテルカラー・サイドターンレンズキット(レンズ白で、玉がオレンジ色。レンズの色は何種類かある)とフェンダーマーカー(白)のセットを発注。・・・・んがっ! フェンダーマーカーは生産中止品とのこと。がーん。

そんなわけで、カクテルカラー・サイドターンレンズキットのみの発注にして、それは今日届きました。

フェンダーマーカーについては社外品をあちこち探してみました。何種類かあったのですが、ラ・アン スポーツさんの反射板交換サイドカバーがまだあるかなーと問い合わせ。在庫有りとのことなので、それで。

GW中に取りに行こう★

無題

土曜日。今日、会社はお休みです。というわけで、朝ご飯を食べて歯を磨いたその後に、また眠りました。んー。幸せなのです。

お昼前、風の音で目が覚めました。うるさいですねー。横になったまま本を読んで気を紛らわせつつ、お昼寝です。

お昼もいい加減すぎた頃、風の音で目が覚めました。うるさいですねー。横になったまま本を読んで気を紛らわせつつ、午睡です。

夕方、風の音で目が覚めました。うるさいですねー。横になったまま本を読んで気を紛らわせつつ、もうすぐ夜ご飯。

夜ご飯を食べて歯を磨いたその後に、横になったまま本を読んでいたりします。もう少ししたらお風呂です。寮のお風呂は共同で、とても大きいです。他の人が入っていない時間帯をねらいます。

お風呂上がり、髪の毛を乾かす間はさすがに横になれません。

そんなわけで、今日もとても充実した一日なのでした。おやすみなさい。

知識の泉?

こんな時間に書いているけれど、お休みしたわけではありません。23時までにまた出社し、24時から改造試運転なのです。そのためにお昼に一度帰っているという次第です。

さて。昨日、ソフトウェア開発技術者の午前の問題をIPAからダウンロードし、挑戦してみました。業種は違えど、私だってソフトウェア開発者です。きっとこの分野ではヴィクトリカに負けないくらいの知識の泉が働いてくれることでしょう。そしてはじめの数問を見て、知識の泉が語りかけてくるのです。

「ふふ、私を買いかぶっていたようだな・・・」(c)TADA?

概ねわかりません!受けるならちゃんと勉強しないとまずいかもー。・・単純マルコフ過程・・ってなに?行列ってどうやるの?ってか数学やりたいなら数学認定試験とか作ってそっちでやってくれないかなー・・。とりあえず力業でこれは何とかなったようですが。

logはわかりましたよ。くやしいので昨日一昨日調べましたから。logだけだと対数っていうらしいですね。

Y=Xnの時、n=log XYって書くのです。XをYにするために必要な掛ける回数。で、log ABC=C・log ABなの。log 10Aの時に底数10を略して書くことを常用対数というのだと、先日覚えました。んで、log(AB)=logA+logBで、log(A/B)=logA-logB。あとはなんとかなるでしょー。これより難しいのはわかりません。いつまで覚えていられるかもわかりません。

SFCっぽい問題もありました。ソフトウェアの絡むいくつかの業種から、少しずつ問題を引っ張ってきているのか知らん。でもマルコフさんとか行列演算とかlogとかってどういう分野で使うのだろう?だからといってφだのωだのθだのGD2だのといった私の周りでよく見かける数式が出てきたとしても、私にはよくわからなげふんげふん。

とりあえず、わかる範囲で受けるのは難しそうなので、少しずつお勉強しなければ、なのですー。

GOSICK s 3 秋の花の思い出

GOSICKの短編集です。舞台は聖マルグリット学園。おそらくはベルゼブブから学園へ帰った後の、秋のお話。若干体調を崩しているヴィクトリカに、久城くんが図書館から花にまつわる本を持ってきて、ヴィクトリカに話して聞かせるという筋書きです。久城くんはすっかりヴィクトリカ中心で動いていますねー。

GOSICK s 3秋の花の思い出 GOSICK s 3 秋の花の思い出(桜庭 一樹 著/出版 富士見書房)→bk1

で、だ。コルデリアって意外に素早い。ヴィクトリカの運動神経は父親譲りなのかな(笑)。

問題と解答がIPAにアップしてあります。なので自己採点なのですー。

午前! 午前の問題はIRT(Wikipedia-項目応答理論)だとかで配点割合はないので、正答率でいってみよー、67.5%です。結構間違えています。わかったつもりはつもりでした! 引っかけ問題にはことごとく引っかかる素直な私★ 問題文をよく読めよ★ IRTってのでどう判断されるのか、微妙ですー。

午後!こっちは配点割合があります。問い毎の完全正解で見ると50%。問いの中の設問毎に正答率を見ると80.2%です。こっちも結構間違っています。

合否発表は5月11日頃。さて、どうでしょー。

基本情報技術者試験当日

そんなわけで受験してきました基本情報技術者試験。過去問だけの勉強でどこまで行けるか!?

午前

午前最初のいくつかは計算です。去年春→去年秋→今年春と、一問目の難易度が少しずつ上がっているように思えます。80問中、確実に間違えたのが1問と、よくわからないから適当にマークしたのが7問ぐらい。あとはわかったつもりになっています。どうかなー。計算とロジックの比率(苦笑)は、去年の春と秋を足して二で割ったぐらいでしょうか。用語でよくわからないのがあったけれども、それは勉強をさぼっているので自業自得。とまどったのはlog。いくつか出てきたのですけれど、私は常用対数の計算方法が全くわかりません(汗)。

午後

午後はプログラム問題です。よくわからないのが二つ。あとはわかったつもりになっています。どーかなー。とまどったのはlog。きーっ。午前の試験で見直しをした結果確実に間違えたので(直さなくて良いものをなおした)、午後は見直していません。

行き

受験票が届いたとき「敬愛大学ってどこ!?」から始まります。稲毛だそうです。出来るだけ公共の交通機関を使ってくださいとはありますが、時間に制限を課されているときに私の方向音痴は危険なので、車で行く気満々です。検索してみましたけれど敬愛大学付近に駐車場はありません。稲毛駅近辺は少しだけありますけれど、JR線駅近くの駐車場は一日駐めると高いです。サティは9時からです。と、いうわけで。京成千葉線みどり台駅近辺と千葉大南側で検索し、一日駐めても1000円とか言う感じのコインパーキングをいくつかリストアップして赴きました。

たどり着くかどうかが一次試験みたいなもんです。結果、みどり台駅近辺はNGで、千葉大南側の駐車場がOK。ちょっと奥に入るけれど、表に出てからは千葉大沿いを歩くだけー(方向音痴にとってはこのぐらいがわかりやすい)。で、歩きましたけれど、遠いー。疲れたー。敬愛大学ついたら基本情報技術者試験会場は高校校舎だそうで。教室はなんだか寒かったです。ついたらなんだかそれだけで安心したのか、ちょっと眠く・・ZZzz

帰り

行きがあるからには帰りもあります。今度は駐めた駐車場にたどり着けるかどうかです。一応行きの時点で簡単な地図を作っておいたのと、道がシンプルだったのと目印を覚えておけたので、無事駐車場にたどり着きました。あとはカーナビが寮まで導いてくれます。

高速、館山道下り、木更津南への分岐直前でレーダーが反応しました。確かにオービスがありました。んむー、こわいですねー。

基本情報技術者試験前日

と、いうわけで。試験勉強として二回分(去年の春と秋)の過去問を、何日かかけてじわじわ挑戦していました。去年春の問題はロジックのような要素が多く、まぁいけるんじゃないかと思いました。が。秋の問題、あれはいけません。計算に次ぐ計算が続いて計算なので計算するのです。いーやー! SQLは直感で何とかなりました。SQLがわからなくともリレーショナルデータベースの概念を理解しているのが救い。SQL構文を書けと言われたらアウトだけれど選択なので助かっています。

さて、明日の試験はどうかなぁ・・。

お勉強

私にしては珍しく試験勉強しています。っつーても過去問解いてみて答えを見て間違っていて脱力しての繰り返しだけれど。わかっているつもりで結構忘れているものですねぇ・・。とりあえず間違えやすい問題はどんなもんかってのはわかりました。SQLはやっぱりよくわかりません。私にとってSQLは、直感的ではないのです。仮想言語は簡単。CやCASLはほどほど。Javaは見ていない。

とーりーあーえーずー。試験会場にたどり着けるかどうかが一次試験(稲毛の敬愛大学らしい)。

Lunatic Moon Convention 137

ギャラリーしに行った。

MtG(マジック・ザ・ギャザリング)。スタンダード。参加していませんが遊びに行きました。ってかポイントカードの絵も以前のまま使っていただけているようで。データは預けていたけれどー・・そろそろ更新しましょうか再来週あたりデザインを考えてみます使ってくれるかどうかはわからないけれどー(ぐだぐだ)。

というわけで。いろいろおひさしぶりなのですー。皆さん元気そうで何よりです。久しぶりにデッキを使いました。親和・ステイシス・ダンダーン・変幻の杖&ゴブリン放火砲。昔のままです。私が持っているカードで一番新しいのは「神河」ブロック・・・。スタンダードからも落ちています。

最新のカードリストを見ました。「次元の混乱」「タイムシフト」、楽しそうでよいですね。ダンダーンも不安定性突然変異も復活。土地を島に変えるのは、9版の「海の要請(だったか要求だったか)」が青マナ一つでよい感じ。スタンダードで組むのは難しそうなので他のレギュレーションで遊んでみたい。もうすぐ基本セットが変わるようなので変わったらちまちま遊んでみようかな。ダンダーンと変幻の杖&ゴブリン放火砲で(そこから離れないらしい)。

そうそう、ダンダーンは船ではないことが証明されましたですよ。クリーチャータイプ「Fish」だそうです。

ギロチン

MtGとは関係ないのだけれど「ギロチン」というカードゲームで遊びました。貴族の首はねゲーム・・・・・。シュールな設定ですねぇ。ルールはシンプルで一ゲームの時間も短い。始めてすぐに楽しめる良いゲームです。惜しいのはカード記述が「英語」。MtGと似た感じに書いてありますのでMtG慣れしている人は違和感なく楽しめるかもしれません。私はしばらく離れていたので、あまりうまく読めなくて、日本語で書かれたルール紙を見ながら遊びました。訳文と一緒にスリーブへ入れてしまえば楽かもです。

AQUA、ARIA

「AQUA(1~2)」と「ARIA(1~10)」(ともにブレイドコミックス版)を全巻買って、少しずつ読んでいます。

舞台は火星(作中ではアクアと呼ばれています)。そこだけみるとSFチックだけれど、大げさな事件や陰謀なんてものはありません。主人公の日々の暮らしをつづっているだけのような感じです。主人公はちょっと足りないというか頼りないというかそんな感じですけれども、それがまたほんわかしていて良い感じです。時々はいるパクリの要素も大げさじゃなくてクスリと笑える程度でよい感じです。そしてまぁ絵のしっかりしていること。一コマ一コマ、色を塗りたくなります(待て)。

オンライン書店ビーケーワン:AQUA(→bk1) オンライン書店ビーケーワン:AQUA (→bk1)

更新周期

更新周期なんてない。Web更新やブログ更新でしばらく書き込まないことを気に病む方がいらっしゃるけれど、気にする必要はないように思う。それよりも、サイト更新を途絶えたことをきっかけとして(スパンの長いきっかけだ)サイトそのものが消えてしまうのは悲しいと感じます(特に技術・情報を掲載しているサイト)。

更新しなくとも残っていてほしいと思う情報がたくさんあるけれど、難しいのでしょうね。容量を維持することにも金銭的負担がかかることもありますし。

・・・InternetArchiveWayBackMachineはどこまでいけるかな。

情報処理技術者試験受験票が届きました。基本情報処理。誰だこんなの申し込んだのは。私か。そうか。勉強していないなぁ。xfy(XML)とVBAが楽しくて。でもxfyとVBAは基本情報処理には出題されませんよねー・・。

せめて過去問、見ておこう。

四月馬鹿

夜、一時を過ぎました。風が強いです。仕方がないので四月馬鹿なページなど作ってみます。今回も下準備をしなかったので、時事ネタ(選挙)風味で。

ありかのアトリエ、2007/4/1のネタ

このアーカイブについて

このページには、2007年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年3月です。

次のアーカイブは2007年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ