ひとりごと:アーカイブ

筆談

里子に出しだタブレットPC、その里親と時々メッセンジャーでチャットします。けれども今日のチャットはいつもと違っていました。相手から手書きでメッセージが届いていたのです。Journalか。タブレットPCは標準で入っているのですよね。私もダウンロードしてインストールしてみました。チャットの窓をタブレット画面に移動して、そしてはじまる筆談。

チャットイメージこんな感じ。

キーボードでチャットするよりも静かです。タブレットPCユーザーは議事をとるふりして遊べるかもしれません。あとから議事よろしくと言われて苦労しても知らないけれど。

欠点としては、チャットのログに残らないことです。残念。

いつもと違う感覚で、何となくおもしろかったです。

追記。

何となくおもしろかったです。と過去形で書いているのは、私自身すぐに飽きるだろうと思ったからです。キーボードの方が速いし。けれども静かにチャットしたいときにはよいかもです。夜中とか。寝ろ。はい。

で、ログなんですけれども。メッセンジャーのログってXML形式じゃなかったかなと思いまして。それならネームスペースを別にしてSVG埋め込んだり・・してほしいです。ジャーナル→SVGって難しいのでしょうか。いっそホワイトボード並にとか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://arika.stbbs.net/blogmt/mt-tb.cgi/623

コメントする

このブログ記事について

このページは、惟栂舞ありかが2007年3月26日 23:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「風が強いです」です。

次のブログ記事は「省電力機器用の電源」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ