ひとりごと:アーカイブ

世界の中心、針山さん2

「世界の中心、針山さん2」成田 良悟 著 メディアワークス 電撃文庫

なるほど、こうつながっていくのか!うなりました。うーん。

短編集のようにいろいろお話が入っているのですけれども、どのお話にも針山さんがちょっとだけ顔を出すというか、針山さんの周りを通じて世界観がつながってゆくのです。本当、いろいろなお話があります。善良なタクシーに乗って恐怖のどん底に陥れられる幽霊さんとか、戦隊ものヒーローであるところのジェノサイダーですらあっさりのしてしまう雑魚戦闘員の憂鬱とか、おおっぴらに活動する秘密組織の総統の本音とか、科学的なゾンビと魔術的なゾンビと殺し屋さんとの戦闘とか、のされたヒーローのその後とか、ジェノサイダーの舞台裏とか。とか。とか。今回もかなりつながっていましたですよ。前巻と続けて読みたくなりました。前巻と続けて読んでみます。

オンライン書店ビーケーワン:世界の中心、針山さん2→BK1
成田 良悟 著/出版:メディアワークス

そんなわけで続けて・・

続けて読んでみようとしたのですけれど前巻が見あたりません。うなりました。うーん。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://arika.stbbs.net/blogmt/mt-tb.cgi/652

コメントする

このブログ記事について

このページは、惟栂舞ありかが2007年2月23日 21:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「扉の外」です。

次のブログ記事は「お買い物と危険予知」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ