どんなことになるのかをXHTMLでテストしてみます。

まずSVGを埋め込みます。

一応、図形にひも付いた文字を入力できます。 中に文字を入れることもできるようです。あまり直感的とはいえませんが 次にMathMLを埋め込んでみます。 E = M C 2

さらにCMLを埋め込んでみます。

N -3.43 -1.4 0 0 C -2.217564 -0.7 0 0 C -2.217564 0.7 0 0 C -3.43 1.4 0 0 N -4.642436 0.7 0 0 C -4.642436 -0.7 1 0 C 0.10597 0 1 0 N -0.716929 1.132624 0 0 N -0.716929 -1.132624 1 0 N -3.43 2.8 2 0 a24 a25 1 a25 a26 2 a26 a27 1 a27 a28 2 a28 a29 1 a29 a24 2 a30 a31 2 a31 a26 1 a25 a32 1 a32 a30 1 a27 a33 1