Atelier Arika


SoWhat? 「SoWhat?」
「D51」画像加工による見目の調整

最終更新日(2007年2月13日)

使用画像と元画像

使用した画像 D51と橋

左の画像は2007年2月12日にブログで使用したものです。

右の画像が元の画像でこんな感じです。ここでは縮小していますけれども、元は2560×1920の画像です。

ごらんの通りなのですけれども、フェンスの所に他の人が写っていて、私としてはちょっとだけ興ざめなのです。

左の画像も一応それなりに見えますけれども(見えることにしておきます)、本当は他の方のカメラや頭などが入り込んでいたので 、いつも通りWindows版Photoshopを使用して加工しています。

加工開始!まずは「切り抜き」

Photoshopを起動し、画像ファイルをドラッグアンドドロップ(開けりゃなんでもいいです)。 このとき、別名で保存ってしておくと、失敗したときにやり直せます。

Photoshop 01

今思えば、このまま「切り抜き」した方が綺麗で格好良いです。 ・・・ま、まぁとりあえず、あの時の私は「水面の写り込み」が欲しいと思っていたのです。 そんなわけで写り込みが残るように「切り抜き」します。また、ブログに貼り付けたときに他の画像と縦横比が同じになるよう、スタイルを設定します。

Photoshop 05

で、こんな感じです。写り込みを考えて領域を選択するとどうしても左下に他の人やカメラが入ってしまいます。

次は「コピー」で大まかに消す。

Photoshop 06

左下拡大。

まずは「隠したいところと似ている部分」を選択し、コピー。 つづいてペースト(貼り付け)して、ペーストした画像を「隠したいところ」に移動します。

この作業はおおざっぱでよいです。あと、選択範囲も移動できますので、

ってやると楽です。

Photoshop 10

最後「修復ブラシツール」で境界部分を仕上げる。

Photoshop 11

コピーしただけではどうしても目立ってしまうのがコピーの境界部分。これを目立たなくします。

以上で終了です。通常保存します。あと、ウェブで使用するときにはそれように変換保存します。

Photoshop 19

おまけ。

橋

この画像は試し撮りで、本当はこの角度で撮ろうと思っていたもの。この角度を諦めたのは、 まぁ・・・。沢山人がいたからです。

もう一つおまけ。P1010270B.jpgちょっとやり過ぎな感じで光量調整したもの。あっかるいです。


e-mail 惟栂舞ありか(arika@awa.or.jp)